順張り

9 Articles

日経平均昨年12月高値も突破ー2019年10月24日の日本株

<今日の日本株> 10月24日の日本株は、朝から上昇してはじまり、日経平均株価の終値は前日比125円22銭高の22750円60銭でした。日経平均株価は年初来高値更新のみならず、昨年12月の高値22698円79銭も突破しました。 TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。 値上がり銘柄2045に対し値下がり銘柄1628とやや値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は134、年初来安値更新銘柄は2でし…続きを読む»

結構下がったがー2019年7月8日の日本株

<今日の日本株> 週明け7月8日の日本株は、朝から安く始まり、下げ幅を次第に拡大しました。日経平均株価の終値は前日比212円03銭安の21534円35銭でした。 TOPIX、マザーズ指数も下落しました。 値上がり銘柄1090に対し値下がり銘柄2617と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は81、年初来安値更新銘柄は5でした。 ADA指数は58.3%となり、先週末の59.0%からほぼ変わ…続きを読む»

短期的な下げ止まりかー2019年5月14日の日本株

<今日の日本株> 5月14日の日本株は、前日のアメリカ株大幅安を受けて朝方は大きく下げて始まったものの、その後は切り返しとなりました。日経平均株価の終値は前日比124円安の21067円23銭でした。 TOPIX、マザーズ指数も下落しました。 値上がり銘柄1425に対し値下がり銘柄2338と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は35、年初来安値更新銘柄は669でした。 ADA指数はマイナ…続きを読む»

年初来安値更新銘柄700超ー2018年12月18日の日本株

<今日の日本株> 12月18日の日本株は、前日のアメリカ株大幅安を受け、朝方から大きく下落しました。前場一時戻す場面もありましたが、後場再び売り直され、日経平均株価の終値は前日比391円43銭安の21115円43銭でした。 TOPIXも大幅に下落して年初来安値更新、マザーズ時数は4%の大幅安でした。 値上がり銘柄346に対して値下がり銘柄3534と全面安の展開、年初来高値更新銘柄はわずか…続きを読む»

どうにもとまらない日経平均株価16連騰ー2017年10月24日の日本株

<今日の日本株> 10月24日の日本株は、朝方こそ安く始まったもののそこから持ち直し、最後の1時間で一気に上に持ちあがりました。日経平均株価の終値は前日比108円52銭高の21805円17銭でした。 TOPIXも上昇しましたが、マザーズ指数は小幅安でした。 値上がり銘柄2509に対し値下がり銘柄1121と値上がり優勢、年初来高値銘柄は219と高水準をキープ、年初来安値銘柄は1でした。 …続きを読む»

今日の日本株(2016年8月29日)

<今日の日本株> 8月29日の日本株は、為替レートが1ドル=102円台まで円安となったことを好感し大幅反発となりました。日経平均株価の終値は先週末比376円78銭高の16737円49銭でした。TOPIXも大きく反発しましたが、マザーズ指数は小幅の上昇にとどまっています。 今日のADA指数は27.0%となり、先週末の22.7%より少し上昇しました。新たに新規空売りも多少実行しましたが、上昇トレン…続きを読む»

株価急落で困っている個人投資家の方へ

私のブログに限らず投資関係のブログに共通することだと思いますが、相場が良い時や安定しているときは閲覧数が減少し、相場が急変(特に急落)した場合は閲覧数が一気に伸びることになります。 私のブログも、先週末にかけ通常の30~40%増の方にご訪問いただきました。その中には、初めて足を運んでくださった方もいらっしゃるかもしれません。 私の投資行動は、日々のブログを見ていただければ分かるのですが、今足元…続きを読む»

下がった株を「上がる」と思うか「まだ下がる」と思うか

年初からの急落により、日本株は各種テクニカル指標からみて「売られすぎ」の水準に達しているのは事実です。 確かに、ここから遠くなく株価が反発する可能性は非常に高いとは思います。現時点で新規買いを行っている個人投資家は、こうしたテクニカル的要素から、高確率で相場は反転上昇する可能性が高いとみているのでしょう。つまり、ここから「上がる」と踏んでいるわけです。 でも、私は基本的にはいくら株価が下が…続きを読む»

ADA指数の効果的な活用方法

私は、順張り派、いわゆる「トレンドフォロワー」です。つまり、トレンドに逆らわずに、トレンドに従って売買するという手法をとっています。 ですから、日本株全体が上昇局面にあるときは、おのずと私の投資金額も大きくなりますし、逆に調整局面にあれば投資金額は縮小します。 もし、ADA指数の効果的な活用方法があるとすれば、次のようなものがあるかな、と思っています。 それは、ADA指数と、皆さんご自身…続きを読む»