含み損

6 Articles

実態はボロボロー2018年9月12日の日本株

<今日の日本株> 9月12日の日本株は、朝方プラスで始まったもののすぐに下落に転じる動きでした。日経平均株価の終値は前日比60円08銭安の22604円61銭でした。 TOPIX、マザーズ指数も下落しました。 値上がり銘柄1067に対し値下がり銘柄2569と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は36、年初来安値更新銘柄は287にまで増加しています。 ADA指数はマイナス1.9%となり、前…続きを読む»

短期的な反発はあるかもしれないが・・・-2018年9月7日の日本株と今週の投資戦略

<9月7日の日本株> 週末9月7日の日本株は、日経平均株価が一時300円超の値下がりとなりました。その後はやや持ち直したものの、終値も前日比180円88銭安の22307円06銭でした。 TOPIX、マザーズ指数は日経平均株価より下落率は小さかったものの、ともに下落しました。 値上がり銘柄1243に対し値下がり銘柄2411と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は13、年初来安値更新銘柄は253…続きを読む»

日本株急落ー2018年7月2日の日本株

<今日の日本株> 週明け7月2日の日本株は、後場に入り下げ幅が急拡大し、日経平均株価の終値は先週末比492円58銭と大きく下落しました。 TOPIX、マザーズ指数も軒並み大きく値下がりしています。 値上がり銘柄608に対し値下がり銘柄3171と全面安に近い状態、年初来高値更新銘柄は29、年初来安値更新銘柄は217でした。 ADA指数はマイナス10.5%となり、先週末の8.6%から大…続きを読む»

アトラ(6029)の株価チャートでみる株価トレンド分析の優位性

私が日ごろ実践している「株価トレンド分析」は、簡単に言えば株価が25日移動平均線より上にあるか、下にあるかにより売買および保有の可否を判断するものです。 25日移動平均線を明確に割り込んだ場合、保有株は速やかに売却するのがルールです。 アトラ(6029)は、10月中旬~後半にかけて25日移動平均線より株価が上にありましたが、11月はじめに急落し、株価が25日移動平均線を明確に割り込みました…続きを読む»

階段を1段のぼれば勝ち組個人投資家になれる

先日、マネー誌の編集者の方から取材を受けた際、「多くの個人投資家が、NISAで投資した株が塩漬けになっている」「ゆうちょ銀行株を買ったものの、値下がりしてしまい困っている」という話を聞きました。 確かに大々的な触れ込みで登場したNISAですが、その後の相場低迷により含み損を抱えた状態で耐え忍んでいる個人投資家は多いようです。また、郵政3社の上場自体は多くの個人投資家を巻き込んで成功に終わったもの…続きを読む»

急騰銘柄に乗り損ねたら新規買いはあきらめる

日銀のマイナス金利導入決定により、先週金曜日(1月29日)の後場から株価が大きく上昇しているのが不動産株です。プロパスト(3236)は1月29日にはストップ高となりました。 もし、金曜日の後場にプロパスト株を買い仕込むことができていれば、280円前後で買うことは十分可能だったはずです。 そして2月1日の相場、1月29日にストップ高まで上昇した余勢を買って、朝方は380円で寄り付きました。 …続きを読む»