底値買い

7 Articles

アトラ(6029)の株価チャートでみる株価トレンド分析の優位性

私が日ごろ実践している「株価トレンド分析」は、簡単に言えば株価が25日移動平均線より上にあるか、下にあるかにより売買および保有の可否を判断するものです。 25日移動平均線を明確に割り込んだ場合、保有株は速やかに売却するのがルールです。 アトラ(6029)は、10月中旬~後半にかけて25日移動平均線より株価が上にありましたが、11月はじめに急落し、株価が25日移動平均線を明確に割り込みました…続きを読む»

「底値買い」が失敗するメカニズムとその対応策

本稿は、楽天証券の第1回オンラインセミナーをご覧いただいた後にお読みになるとより理解が深まります (もちろん、ご覧にならなくともご理解いただけるように書いてあります) 個人投資家にありがちな失敗として、「底値で買ったはずなのにさらに株価が下がって大損してしまった」というものがあります。 なぜそうなってしまうのか、主な理由は次のとおりです。 ・買った銘柄が良くなかった ・底値と思ったつ…続きを読む»

今日の日本株(2016年2月15日)

<今日の日本株> 2月15日の日本株は先週までの急落から一転して大幅高となり、日経平均株価の終値は16022円58銭と、先週末比でなんと1069円97銭高となりました。1日で15000円台をすっ飛ばして上昇したことになります。 今日のADA指数は9.0%(先週末は△9.3%)となり、2月4日以来久々にプラス圏に復帰しました。先日に記した通り、25日移動平均線を上回った銘柄を新規買いしたり、下降…続きを読む»

今日の日本株(2016年2月9日)と今後の投資戦略

<今日の日本株> 2月9日の日本株は、日経平均株価が前日比918円86銭安の16085円44銭と暴落しました。一時は16025円94銭と、1月21日の安値16017円26銭まであとわずかというところまで下落しました。 さすがにここまで上昇トレンドで頑張ってきた銘柄も多くが陥落し、ADA指数は△19.7%(前日は△4.7%)と大きく低下しました。保有株より空売りの方が少し多くなっている状態です。…続きを読む»

今日の日本株(2016年1月26日)

<今日の日本株> 1月26日の日本株は、日経平均株価が前日比402円01銭安の16708円90銭と大きく反落しました。22日、25日でかなり上昇しましたから、このくらいの下げは致し方ないという感じでしょう。 本日のADA指数は16.2%と、前日の18.8%より減少しました。これは、底値買いをした銘柄のうち、明らかに動きが弱いと感じたものを売却したことが主因です。一方、株価が強い銘柄については買…続きを読む»

底値買いをした銘柄をいつ売るか

日本株は1月22日に大きく反発しましたが、22日や25日に底値から少し反発したあたりで欲しい銘柄を買った方もいらっしゃるのではないでしょうか。 買った銘柄が順調に反発し、ひとまず底値買いが成功した場合、次に考えるべきは「いつ売るか」という問題です。 まず、単にリバウンド狙いで買った場合は、買値から10%以上上昇したら御の字だと思います。今日(25日)の時点で利食いしてしまってもよいくらいで…続きを読む»

今日の日本株(2016年1月25日)

<今日の日本株> 1月25日の日本株は、日経平均株価が先週末比152円38銭高の17110円91銭と、17000円台を回復して引けました。先週金曜日の大幅高の後の続伸となり、値上がり銘柄数もかなり多い状況でした。また、日経平均株価の上昇率が1%ほどだったにしては、非常に強い動きの個別銘柄も目立ちました。 本日のADA指数は18.8%となり、先週末の2.4%から大きく上昇しました。これは、下降ト…続きを読む»