日本銀行

4 Articles

野村企業価値分配指数の構成銘柄から思うこと

5月7日の投稿にて、日本銀行が年間3000億円の枠を設けて、「設備・人材投資に積極的な企業」を対象としたETFを買い入れることにつき、個人投資家は特段の行動をする必要はないと書きました。なぜ私がそう思ったのか、それは野村企業価値分配指数の構成銘柄および各銘柄のウェイトを見たことによるものです。 (他にMSCI日本株人材設備投資指数とJPX/S&P設備・人材投資指数がありますが、いずれも構…続きを読む»

日銀の年間3000億円枠ETFの続報

日銀は5月6日、「設備・人材投資に積極的な企業」を対象とした年間3000億円枠のETFの購入対象として、以下の3つの株価指数に連動するETFを認めました。 ・MSCI日本株人材設備投資指数(1) ・野村企業価値分配指数(2) ・JPX/S&P設備・人材投資指数(3) そして、それぞれの株価指数に連動するETFは以下のとおりで、(1)と(2)は5月19日上場、(3)は5月25日上…続きを読む»

「設備・人材投資指数」とはいったい何か?

(昨日の続きです) 東京証券取引所及びS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが共同開発した「JPX/S&P 設備・人材投資指数」、いったいどんなものなのでしょうか。 日本取引所グループのプレスリリースをみると、「設備投資・人材投資に積極的に取り組む企業を対象とする株価指数」ということです。構成銘柄は東証1部銘柄から200銘柄を選出するとのことです。 そして、構成銘柄のトップ10が明らかにな…続きを読む»

日銀が今後毎日せっせと買い集める謎のETFの正体とは(修正・追記あり)

日本銀行のHPに、「指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果」が掲載されています。 日銀 ETF・REIT買入 ここには、日本銀行が、ETFやREITをマーケットからいつ、どれくらい買い入れたかが記されています。 この中に、4月から謎のETFが登場していることをご存知でしょうか。「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するた…続きを読む»