賃貸アパート

4 Articles

容積率の小さい土地で賃貸アパート経営は成り立つか

皆さんは、「容積率」という言葉をご存知でしょうか。これは、建物の延べ床面積を敷地面積で割ったものです。 例えば、200平方メートルの敷地に2階建て、各階の床面積80平方メートルの住宅を建てた場合、容積率は(80+80)÷200=80%となります。 それぞれの土地ごとにこの容積率が定められていて、これを上回る建物を建てることは原則としてできません。 不動産の常識として、この「容積率」が…続きを読む»

賃貸不動産による相続税節税が実を結ぶかどうかは出たとこ勝負?

賃貸アパートや賃貸マンション、貸家を建てて実際に賃貸した場合、土地は貸家建付地、建物は貸家として自用地、自用家屋より低く評価できます。これが相続税評価額を下げ、ひいては相続税対策になることはすでにご存知のことかと思います。 しかし、実際に相続が発生したときの状況によっては、貸家建付地および貸家ではなく、自用地および自用家屋として高い評価をしなければならない場合があります。それは、相続発生時に「実…続きを読む»

「E」エリアや「F」エリアで不動産賃貸が相続税対策になるのか?(その2)

前回、借地権割合がEやFの土地に賃貸アパートを建てた場合の問題点をお話ししましたが、問題点はほかにもあります。その1つが、将来その土地を売却することになったとき、安く売らざるを得なくなってしまう恐れがあるという点です。 実際に相続が起こり、相続税を支払うだけのキャッシュがないときには、所有する不動産を売って資金をねん出する、というのは良くある話です。しかし、賃貸アパートを建てていたばかりに、こち…続きを読む»

なぜ賃貸アパートを建てると相続税対策になるのか?

今回は少し基本的なお話をしたいと思います。こんなこと知っている、という方も多いと思いますが、再確認のため読んでみてください。 賃貸アパートや賃貸マンションを建てると相続税対策になる、というのは多くの方がご存知かと思います。でも、その理由まで知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。 賃貸アパートや賃貸マンションを建てると、その土地は「貸家建付地」として評価することになります。 貸家…続きを読む»