24000円より上は重いかー2020年1月17日の日本株と今週の投資戦略

<1月17日の日本株>
週末1月17日の日本株は、朝方大幅高で始まった後は上値の重い展開となり、日経平均株価の終値は前日比108円13銭高の24041円26銭でした。
TOPIXも上昇しましたが、マザーズ指数は小幅安となりました。

値上がり銘柄2091に対し値下がり銘柄1621とやや値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は62、年初来安値更新銘柄は7でした。

ADA指数は62.7%となり、前日の65.5%から少し低下しました。保有株のいくつかが25日移動平均線を明確に割り込んだため売却したことなどによります。

 

<強かった銘柄に利食い売り>
個別銘柄をみると、日本M&Aセンター(2127)、ベイカレント・コンサルティング(6532)、エレコム(6750)、建設技術研究所(9621)など高値更新となるものがいくつかありました。

一方で、弱い銘柄は引き続き弱く、また直近強かった銘柄、高値更新となっていた銘柄に利食い売りが入ったとみられ、大きな陰線を引いているものが目立ちます。
ただ、下降トレンド転換となるまで下がったものは今のところあまり出ていませんから、引き続き上昇トレンドを維持している銘柄は保有を続けています。

日経平均株価が24000円以上での上値が重く、もし反落したならば下降トレンド転換銘柄についてはひとまず売却を進めておくのが無難と思います。

さて、今の日本株では、上昇トレンドが長期間続き、その間の株価も2倍、3倍と上昇している銘柄が数多くあります。このような銘柄で利益を得るために必要なことは2つです。
1つは、事前にこうした銘柄をピックアップして株価上昇の初期段階で買うこと、もう1つは上昇トレンドが続く限り保有することです。

この2つさえできれば大きな利益が得られますし、もし株価上昇の初期段階で買えなくても、押し目買いなどにより飛び乗ることもできます。
多くの個人投資家の方が、株価上昇の途中で降りてしまいますが、今のように持ち続けているだけで利益が膨らむ相場環境でそれは非常にもったいないです。

利益はできるだけ伸ばすように心がけましょう。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/