閑散相場ー2019年6月24日の日本株

<今日の日本株>
週明け6月24日の日本株は、小安く始まったもののその後は上昇に転じました。とはいえ終始小動きであり、日経平均株価の終値は先週末比27円35銭高の21285円99銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も小幅上昇となりました。

値上がり銘柄1901に対し値下がり銘柄1768とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は32、年初来安値更新銘柄は59でした。

ADA指数は10.8%となり、先週末の14.4%から低下しました。保有株の売却や新規空売りを実行したことによります。ロング・ショート戦略を継続中です。

<嵐の前の静けさ?>
個別銘柄をみると、デジタルアーツ(2326)など上値を追う銘柄もあるものの、大部分の銘柄は主体性を持った動きでなく、相場全体の動きに応じて何となく上下している、という印象です。
実際、売買高が非常に細っていて、完全なる閑散相場です。これは今の日本株に積極的な買い手が不在であることを示しています。

このブログでも何度も申し上げていることですが、日本株において上値を追って買い進めてくれる投資家は外国人だけです。その外国人が積極的に日本株を買っていないのですから、そんな中利益をあげるのは困難です。

ですから、こんなときに無理をして勝負にいっても、勝算が低いですから勝負すべきではないと思っています。もちろん、上昇トレンドの強い銘柄を買って保有することは問題ありませんが、それでもあまり大きな資金を振り向ける時期ではないのは確かです。

売買高も細っていて、株価の方向性も明確ではないというのが現状ですが、これは嵐の前の静けさともいえます。いつかは上もしくは下に大きく動き始めることになりますから、ここからどう動いても対応できるように、しっかりと売買ルールを決めて実行するようにしましょう。特に下方向に動いた場合は、しっかりと売却ないし損切りをしないと、あっという間に塩漬け株ができあがってしまいますから十分注意しましょう。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/