過熱感を感じない上昇ー2019年3月1日の日本株

<3月1日の日本株>
月初かつ週末の3月1日の日本株は、終日強い動きとなり、日経平均株価は戻り高値を更新しました。終値は前日比217円53銭高の21602円69銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2067に対し値下がり銘柄1569とやや値上がり優勢、昨年来高値更新銘柄は18、昨年来安値更新銘柄は3でした。

ADA指数は20.0%となり、前日の15.6%から上昇しました。空売りの買い戻しが中心で、新規買いも少量実行しました。空売りを仕掛けては損切り・・・というのが繰り返されていますが、実際に弱い銘柄もそれなりにあるので、今後も無理のない範囲で続けていくつもりではいます。

 

<銘柄により動きはまちまち>
個別銘柄をみると、高値更新が続くデジタルアーツ(2326)など強い銘柄もありますが、それほど多くありません。上昇トレンドにあるものの昨年末からの反発にとどまっている、というものが多いです。また、エン・ジャパン(4849)やローム(6963)などのように、昨年末から反発して上昇トレンドになったものの、そこから頭打ちになって再度下降トレンドになっている銘柄も少なくありません。

私自身は、上昇トレンドのものは保有し、下降トレンドの銘柄を空売りしているわけですが、相場が強くなれば空売りを減らし、相場が弱くなれば買い持ちを減らすことにより対応できるようにしています。

外国人投資家も本腰を入れて買っていない中での反発ですからやがては株価も下落すると思っていますし、個別銘柄のうち弱いものはいち早く値下がりするはずです。
上昇トレンド銘柄はしっかりと保有を続けつつ、下降トレンドに転じた銘柄には空売りを入れることで、株価がどう動いても慌てないようにしたいと思っています。

あまり上昇に過熱感を感じませんから、相場全体はもう少し上値があるかもしれませんが、あくまでも個別銘柄ごとの動きを重視し、強い銘柄はしっかり保有、弱い銘柄は見送りないしは空売りというように、是々非々で対応していくのがよいと思います。

 

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/