週明けも引き続き強い展開ー2019年11月25日の日本株

<今日の日本株>
週明け11月25日の日本株は、後場少しだれましたが、終日強い動きとなりました。日経平均株価の終値は先週末比179円93銭高の23292円81銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2721に対し値下がり銘柄1049と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は141、年初来安値更新銘柄は2でした。

ADA指数は63.4%となり、先週末の56.8%から上昇しました。上昇トレンド銘柄で、移動平均線からのかい離が小さくなったものを新規に買ったりしました。

 

<上昇基調に変化なし>
個別銘柄をみると、エムスリー(2413)、リクルートホールディングス(6098)、インソース(6200)など、高値更新銘柄もそこそこ出ており、上昇基調に変化ありません。

アメリカ株も再び騰勢を強めつつありますし、株価を見ている限りは弱気になる要素はありません。もちろん、今後重要な出来事が生じ、株価が大きく下落する可能性もありますが、大事なのは「それを予見して先回りの行動をする」のではなく「実際に株価が動いてから行動する」という点です。

現時点でも、米中貿易問題や、安倍政権への逆風、そして世界的な景気減速など、国内外で株価にマイナスになりそうな事象は数多くあります。
しかし、それらを気にするあまり売却してしまった結果、その後の上昇に乗れなかった・・・ということが現に起きています。

私たちが気にすべきはあくまでも株価です。例えニュースで連日のように株価にマイナスになりそうな報道がなされていても、株価が上昇していればそちらを優先すべきです。本当にニュースで報道されている出来事が株価にとってマイナスなら、実際に株価自体がすでに下がっているはずだからです。

これは評論家の株価予測も同じで、「そろそろ天井をつけるはずだから今のうちに売っておくべき」というコメントを鵜呑みにしてしまうと、そうならなかったときに利益を取り損ねます。天井を予測して先回りして売るのではなく、天井を確認してから下げ始めのタイミングで売ればよいだけです。

こう考えると、買い時や売り時については、ニュースや他人の発言を気にしすぎると誤る原因となります。株価チャートだけみて判断した方がよほど良い成果をもたらすと思います。

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/