調整入りの可能性も視野にー2019年12月18日の日本株

<今日の日本株>
12月18日の日本株は、朝からじり安の動きとなり、日経平均株価の終値は前日比131円69銭安の23934円43銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も下落しました。

値上がり銘柄1146に対し値下がり銘柄2589と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は126、年初来安値更新銘柄は7でした。

ADA指数は55.3%となり、前日の60.3%から低下しました。中小型成長株を中心に、移動平均線を割り込む銘柄がいくつかあったため、それらを売却したことなどによります。

 

<下降トレンド銘柄がだいぶ増えてきた>
個別銘柄をみると、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)、イビデン(4062)、JCU(4975)、エスプール(2471)などが高値更新となっているなど、年初来高値更新銘柄も100以上あります。しかし一方で、下降トレンドとなっている銘柄も増加していて、私のウォッチ銘柄の中では半分ほどは下降トレンドです。

日本株に過熱感は全く感じられず、さらなる上昇の可能性も十分ありますが、下降トレンド銘柄の増加をみると一度1~2ヶ月程度の調整が入ってもおかしくありません。

もちろん、そうなっても、持ち株が下降トレンドになったら売ればよいだけですし、売った後再度上昇トレンドになったら買い直せばよいだけですから特に気にすることはありません。

ここで変に将来の株価を決め打ちして、下降トレンドの銘柄を買いまくったりとか、上昇トレンドなのに保有株を全部売ってしまったり、といった行動をするのは得策ではありません。予想が当たればよいですが、外れたら悲惨な目に合ってしまいます。

できれば10銘柄以上に投資資金を分散し、下降トレンドになったものから順次売却し、上昇トレンドになったものを順次買い付けていけば、自然とマーケットの強さに応じたポジションが構築されます。
トランプ大統領の弾劾など、新たなニュースも入ってきていますし、経済の先行きに不安を感じさせる材料も多々ありますが、あくまでも株価についていくことが大事です。なぜなら、株価は市場参加者全員の行動の結果であり、プラス材料、マイナス材料を全て織り込んで動いているからです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/