自律的に動けない日本株ー2019年3月20日の日本株

<3月20日の日本株>
祝日を前にした3月20日の日本株は、前場はやや下落したものの後場は強含みの動きとなり、日経平均株価の終値は前日比42円07銭高の21608円92銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2268に対し値下がり銘柄1405と値上がり優勢、昨年来高値更新銘柄は11、昨年来安値更新銘柄は23でした。
ADA指数はマイナス4.2%となり、前日のマイナス5.7%からやや上昇しました。引き続き淡々と25日移動平均線を超えた空売り銘柄を買い戻し、上昇トレンドの銘柄を新規買いしています。

 

<方向性が定まらない>
個別銘柄をみると、はてな(3930)や神戸物産(3038)など、大きく上昇して一気に高値更新となった銘柄もありますが、ごく一部です。

私は日々、保有銘柄や空売り銘柄のうち25日移動平均線に接近しているものをピックアップしています。25日移動平均線を割り込んだら(もしくは超えたら)売却・買い戻しをする必要があるからです。
本日はそれが保有銘柄、空売り銘柄ともに数多くありました。

もし相場が明確な上昇基調を続けていれば、ピックアップされるのは空売り銘柄が大部分となり、逆に明確な下落基調ならばピックアップされるのは保有銘柄が大部分となります。

それが、保有銘柄も空売り銘柄も数多くピックアップされているということは、銘柄により全く動きがバラバラだということです。

動きがバラバラというのは、大して利益を上げることができないことを意味します。なぜなら、「上がる」と思って買った複数の銘柄のうち、実際に上がるものもある一方、上がらず損切りになってしまうものもあり、トータルすると大した利益とならないからです。

やはり上方向でも下方向でもよいので、大部分の銘柄が同じ方向に動く、明確なトレンドが出てもらいたいと思います。思えば昨年12月は大きく下げましたが、あのような状況なら空売りで利益を出せますから私としては悪くない環境なのです。

そして、明確なトレンドが出るまでは、余計な行動をして無駄な損失を被らないようにしていきたいものです。もちろん、「上がる」と思った株に種まきの買いを入れ、上がらず下がったことにより損切りをして被った損失は必要経費ですから致し方ありません。これをできるだけ避けるためには、明確なトレンドが出るまでは大きく張らない、ということです。

今の日本株は自律的には動けません。だからこそ方向感のない展開になっています。いつかは何らかの外的要因により大きく動くことになるはずです。その時が来たら、上方向なら買いを強め、下方向なら売りを強めていくつもりです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/