米中株は反発したがー2019年5月10日の日本株と今週の投資戦略

<5月10日の日本株>
週末5月10日の日本株は、朝方はプラス圏で推移したものの、後場に入ると一転して下落となりました。日経平均株価の終値は前日比57円21銭安の21344円92銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も小幅に下落しました。

値上がり銘柄1830に対し値下がり銘柄1828と拮抗、年初来高値更新銘柄は43、年初来安値更新銘柄は363でした。

ADA指数はマイナス3.4%となり、前日のプラス0.4%から低下してマイナス圏となりました。ロング・ショートの銘柄のうち買い銘柄の中に決算発表等により急落するものがいくつかあったため売却したことなどによります。

 

<とにかく「決めつけない」「予想しない」こと>
令和になってからの最初の取引週は、4日続落となりました。日経平均株価の下落はそれほどでもありませんが、年初来安値更新銘柄が400近くに達していることをみても、個別銘柄は非常に弱い動きであることに間違いありません。

株価チャートをみても、半数以上が明確な下降トレンドになっていて、とてもではありませんが勝負に行く局面ではありません。

ネットニュースなどでは、評論家と称する人たちが相変わらず無責任な発言を繰り返していて、例えば今であれば「米中貿易協議」がマーケットにどのような影響を与えているかについて述べている人が多いです。
これをみると、株価に大きな影響を与えるという説、逆に株価にほとんど影響はないという説、2つに分かれています。

さらには今後の国内外の景気についても、これから非常に厳しくなるため株価の急落に注意すべしという論調と、すでに景気後退は株価が織り込んでいて、逆に買いのチャンスだという論調があります。

評論家・専門家と称する人たちが、将来の株価を予想するプロだとすれば、プロなのだから多少ニュアンスが違っても予想はおおむね同じようになるはず、と考えられます。

その「プロ」の見解がこれだけ真っ二つに分かれているということは、「プロ」と称する人の中にプロではない人が混ざっているか、もしくはそもそもプロでも予想できないかどちらかです。

いずれにせよ、プロの予想は外れることが多々あります。そしてその予想を信じた個人投資家が、予想が外れたことによって被った損失は彼らは一切補てんしてくれません。

私自身は、ここから弱い動きになるのではないかと考えて、多少空売りを強めに入れていますが、損切りはしっかり実行すること、そして短期のみならず中長期の株価のトレンドも下降トレンドになっている弱い銘柄を空売りすることによって、失敗しても損失が大きくならないように気を付けています。

ですから、プロの予想を参考にするのは構いませんが、大事なのはその予想が外れた時、傷が小さいうちに損切りなどを実行して致命的な損失を被らないようにする手立てをあらかじめ考えておくことなのです。

3月決算のピークを迎えていますが、増収増益予想にもかかわらず低PERで、すでに下降トレンドに転じている銘柄が決算発表で業績予想を下方修正した結果株価が急落するケースが相次いでいます。これにつき、ネット掲示板では会社に対して文句を言ったり、株価は持ち直すから我慢して保有を続けるというコメントが並んでいますが、私に言わせれば「下降トレンドになったときに持ち株を売れば何も問題なかったのに」と思います。

例えば5000円だった株価が2000円まで下がっているなら、増収増益予想で低PERでも、それに対する信頼度は極めて低いといえます。なぜなら、5000円から2000円まで株価を下げたのは外国人投資家やプロ投資家であり、彼らは増収増益予想も低PERも信用していないからです。

でも、増収増益予想や低PERを信じてとっくの昔に下降トレンドに転じているのに我慢して持ち続けた個人投資家は、その我慢が報われず、損失を膨らませてしまうのです。

私は、信じるべきは企業が発表する増収増益予想でもなく、低PERでもなく、やはり株価のトレンドだと強く思います。なぜなら、多くの銘柄において、株価のトレンドは個人投資家よりはるかに企業のことを知っているプロ投資家や外国人投資家の売買により形成されているからです。

ネットの投資情報サイトで「プロ」と称している人たちが「増収増益予想で低PERなのに株価が値下がりしているから買いのチャンス!!」と言っているのを真に受け続けていれば、簡単に株式投資で大損することができますから十分に注意してください。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/