短期的には下げ止まってもおかしくないがー2019年6月3日の日本株

<今日の日本株>
週明け6月3日の日本株は、朝方から大きく下落しました。引けにかけ少し戻したものの、日経平均株価の終値は先週末比190円31銭安の20410円88銭でした。
TOPIXも下落、マザーズ指数は3%超の大幅安となりました。

値上がり銘柄588に対して値下がり銘柄3223とほぼ全面安に近い展開、年初来高値更新銘柄は11、年初来安値更新銘柄は471にまで増加しています。

ADA指数はマイナス15.4%となり、先週末のマイナス5.2%からマイナス幅が拡大しました。保有株売却や新規空売りを行ったことによります。依然ロング・ショートですがロングが少なくなってきています。

 

<この程度の下げで慌てていては絶対に株式投資で勝てない>
個別銘柄をみると、8割方は明確な下降トレンドにあり、到底買いで勝負できる環境ではありません。空売りしないまでも、現金比率を高め、嵐が過ぎ去るのを待つのが正しい戦略です。

ネットの投資情報サイトをみると、また専門家や評論家が「そろそろ下げ止まる」とか「まだまだ下がる可能性がある」などとコメントしていますが、そんなことははっきり言って何の参考にもなりませんし、どうでも良いことです。

重要なのは、これほど年初来安値更新銘柄が増加しているような、明らかな下げ相場にある現時点で、すでに保有株は上昇トレンドにあるものに絞り、現金比率を高めていなければならないということです。

つまり、今になってあたふたしたり慌てて「ここからさらに株価が下がるだろうか?」と考えているようでは遅いのです。

私自身は、空売りも相当入っていますから、下げ相場は歓迎なのですが、空売りをしなくても、現金比率を高めた状態で下げ相場を迎えられれば、慌てることは何もなく、涼しい顔で下げ相場を眺めていることができるはずなのです。実際、私はこの下げ相場を何とも思っていませんし、もっと大きく下げてくれないかなあと思っています(その方が後々安く買えるので)。

では、今の時点で現金比率を高め涼しい顔をするためには何が必要かと言えば、「こうなったら買い、こうなったら売る」という売買ルールです。
ルールさえあれば、ここまで株価が下がるかなり前の段階で、売るべき株は売り、キャッシュの比率を高めることができているのです。

逆にルールがなく、なんとなく株式投資をしていると、株価が上昇しているときは問題ないのですが、一たび本格的な下げ相場になると、「大丈夫かなあ」と慌ててしまうのです。でもそれではすでに時遅しです。

各種テクニカル指標からは、短期的には下げ止まる可能性も高いですが、私は日経平均株価が10000円を割り込んでも大丈夫なように、売買ルールを設けています。株式投資が成功するかどうかは、下げ相場をどう乗り切るかにかかっています。
この程度の下げはしょっちゅうあります。こんなもので慌てていては絶対に株式投資で成功できません。私の投資手法は下げ相場にめっぽう強いという自信があります。下げ相場で生き残り、その後のチャンスを絶対にものにしたいのであれば、私の投資手法を参考にしてみてください。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/