昨日は米株安に耐えたが本日はどうか?-2019年10月2日の日本株

<今日の日本株>
10月2日の日本株は、前日のアメリカ株大幅安を受けて安くはじまり、終日マイナス圏で推移したものの売り込まれることなく底堅い動きでした。
日経平均株価の終値は前日比106円63銭安の21778円61銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も下落しましたが下落率はそれほどおおきくありませんでした。

値上がり銘柄1760に対し値下がり銘柄1871とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は63、年初来安値更新銘柄は4でした。

ADA指数は46.0%となり、前日の47.7%からやや低下しました。上昇トレンドが続く限り保有、25日移動平均線割れは売却、そのほか少量の空売りを実行しました。思ったほど日本株が下がらなかったため、ADA指数の低下も小さなものとなりました。

 

<さすがに日本株も調整局面に入るか?>
個別銘柄をみると、寿スピリッツ(2222)やクリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)など高値更新となる銘柄が散見される一方、安値更新となる銘柄はほとんどありませんでした。
アメリカ株安を受けても日本株は底堅い動きだった、というのが昨日の印象です。私自身も昨日の損益はプラスでした。

ただ、アメリカ株は昨晩もおよそ500ドル安と大きく値下がりし、シカゴ日経平均先物も21355円まで値下がりしています。今日の日本株がどのような動きになるのか、要注目です。

25日騰落レシオが141.3%と、かなりの高水準に達していることからも、いつ調整局面入りしてもおかしくありません。
もちろん、個別銘柄により、強い銘柄と弱い銘柄がありますので、上昇トレンドが続く間は持ち株は保有継続しますが、下降トレンドに転じたら速やかに売却し、損失の拡大をしっかりと防いでいく必要があります。

これに加え、いちはやく下降トレンドになった弱い銘柄を中心に空売りを実行し、ロング・ショート戦略で調整局面を乗り切りたいと考えています。
10月は株価が大きく下がりやすい月ですので、用心するに越したことはありません。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/