明らかに動きが良くなったー2018年8月24日の日本株と来週の投資戦略

<今日の日本株>
週末8月24日の日本株は、後場に入り上値追いの動きとなり、日経平均株価の終値は前日比190円95銭高の22601円77銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2610に対し値下がり銘柄1032と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄34、年初来安値更新銘柄35でした。

ADA指数は22.3%となり、前日のマイナス0.6%から大きく上昇しました。株価が明確に反発した銘柄が多数生じたため、空売りの買い戻しを進めたほか、新規買いや買い直しも実行したことによるものです。
ADA指数のプラス転換は、8月10日以来、2週間ぶりのことです。

 

<日経平均株価は明確に25日移動平均線超え>
個別銘柄をみると、クスリのアオキホールディングス(3549)、リクルートホールディングス(6098)など高値更新銘柄が散見されたほか、ビジョン(9416)などのように高値更新に向かって明確に上昇をする銘柄も目立ちました。
さらに、しばらくの間下降トレンドが続いていたTOKYO BASE(3415)が明確に25日移動平均線を超えて上昇するなど、多くの銘柄に上昇、反発の動きがみられました。

日経平均株価は今日の上昇で明確に25日移動平均線を超えましたが、TOPIXはまだ25日移動平均線まで距離があります。マザーズ指数もだいぶ戻しましたが25日移動平均線まで至っていません。

日経平均株価のみならず、TOPIXやマザーズ指数も明確に25日移動平均線を超えてこなければ強気にはなれませんし、もっと言えばこれまで3回挑戦して跳ね返されている、日経平均株価の23000円超えを確認してから本格的に強気とすべきです。

しかしながら、株には先行銘柄というものがあり、高値更新となっている銘柄がすでに現時点でも存在し、25日移動平均線を超えてきた銘柄もかなり増加しているわけですから、そうした上昇トレンドにある銘柄については、指数の25日移動平均線超えや直近高値超えを待たずにしっかりと買っていく必要があります。

もちろん、相場全体的にはまだ大いなる強気をしてよいとまでは言えません。私は資金管理をしっかり行い、投資可能金額の30%程度に投資額を抑えたうえで、今後の推移を見守る、という形にしていくつもりです。

とにかく、純粋な空売りを多用するような守りの局面から、攻めの局面へ移行しつつあるという状況です。もちろん、ここで頭打ちになってしまうリスクもありますが、多少のリスクをとって少し攻めるべき局面であると思います。

 

 

 

★お知らせ★
10月から11月にかけて、メールマガジンの読者さんを対象にしたセミナーを開催します。

セミナーのご案内は、メールマガジンの中にて行います。近日中にご案内を出しますので、ご関心のある方でまだメールマガジンを登録していない場合は、下記よりご登録をしてください。

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/