日経平均株価23000円突破ー2019年10月29日の日本株

<今日の日本株>
10月29日の日本株は終日強い動きとなり、日経平均株価は朝方23000円を突破しました。終値は前日比106円86銭高の22974円13銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2473に対し値下がり銘柄1253と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は224、年初来安値更新銘柄は1でした。

ADA指数は66.5%となり、前日の65.7%から微増となりました。意外と値下がりして売却した銘柄もある一方、新規に買い付けた銘柄もありました。トータルで現状程度のADA指数に抑えようと現時点では考えています。

 

<やはり内需系が弱く外需系が強い>
個別銘柄をみると、インソース(6200)が高値更新となったり、調整局面が続いていた第一精工(6640)が直近高値を更新するなど、強い銘柄が多いです。

ただ本日は、内需系成長株を中心に、逆に大きく値を下げたものが多く、その一方で年初来高値を更新しているのは外需系銘柄が中心です。
つまり、9月来続いている外需系・大型株・割安株が強い相場はいまだ続いているということです。

しかしながら、私自身もそうですし、多くの個人投資家がそうではないかと思いますが、それに気づいたころにはそうした銘柄はすでに大きく上昇していて25日移動平均線からのかい離も大きくなっていたので、買う機会を逸している銘柄がかなり多いです。押し目を待っているのですが一向に調整せず、逆に上昇が続いている状態です。

とはいえ、大相場になれば最終的にはほぼすべての銘柄が大きく上昇することになる一方、株価が天井を付ける可能性もあるため、すでに大きく上昇している銘柄を下手に追いかけて、高値掴みになるよりも、出遅れ銘柄をひとまずは持っておく方が、大きく損失を生じるリスクという面からはよいのではないかと思います。

個人投資家が儲からない相場ほど、そして先行き弱気になって空売りするような投資家が多い相場ほど、上昇が長続きしますので、個人的には期待しているところです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/