日経平均株価25日移動平均線超えー2018年11月27日の日本株

<今日の日本株>
11月27日の日本株は、前日のアメリカ株大幅高を受け朝高となったものの伸び悩むも、後場再び強含みとなりました。日経平均株価は一時22000円を突破し、終値は前日比140円40銭高の21952円40銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2528に対し値下がり銘柄1130と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は24、年初来安値更新銘柄は30でした。

ADA指数はマイナス3.4%となり、前日のマイナス11.0%から上昇しました。株価上昇により、新規買いおよび空売りの買い戻しを進めたことによります。
ロング・ショート戦略に変化はありませんが、買いと空売りがほぼ同じ割合になるまで買いが増え、空売りが減っています。

<決めつけないが無理もしない>
個別銘柄をみると、神戸物産(3038)が数年ぶりの高値更新、朝日インテック(7747)は連日の高値更新、イーソル(4420)も大幅高で高値更新となりましたが、まだまだ上値追いの銘柄は少数です。

しかし、25日移動平均線を超えて上昇を続けている銘柄も全体の2割ほどですが存在し、かつその数は日々少しずつ増加しています。
そして、日経平均株価が25日移動平均線を超えたことはさすがに無視できません。

もともとさらなる株安を予想して、空売りを強めのロング・ショート戦略を実行しているわけですが、予想が正しいと決めつけることはしません。空売り銘柄が25日移動平均線を超えたら即座に買い戻しをします。

ただ、25日移動平均線を超えた銘柄を片っ端から買う、ということは避けています。やはり世界各国の株価の動きなどを見る限り、日経平均株価は天井を付けた可能性が高いと思っているからです。

買うのは中長期の上昇トレンドが崩れていない銘柄にとどめ、空売りについては25日移動平均線を超えた後に再び割り込んだタイミングで実行しなおす予定です。

今は、買いでも売りでも下手に動くと損失を被ってしまう可能性が高い、難しい相場環境にあります。あまり多くの金額を投資せず、買いは明確なチャンスが訪れるまでは小さく抑え、とにかく大きな損失をしないことを第一に考えるべきと思います。

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/