日経平均株価大幅高ー2020年11月24日の日本株

<今日の日本株>
3連休明け11月24日の日本株は、朝方から大幅高で始まり、日経平均株価は26000円を軽々と突破して高値更新となりました。終値は先週末比638円22銭高の26165円59銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も大幅高となりました。

値上がり銘柄2879に対し値下がり銘柄993と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は146、年初来安値更新銘柄は2でした。
ADA指数は61.6%となり、先週末の40.8%から大きく上昇しました。上昇トレンドに転じる銘柄が一気に増加したため、それらを買い直したことなどによります。

 

<ここからの期待は日経平均株価の調整局面での成長株の動き>
個別銘柄を見ると、高値更新となる銘柄が一気に増加しました。ベネフィット・ワン(2412)、エムスリー(2413)、エラン(6080)、ウエストホールディングス(1407)、エス・エム・エス(2175)、ファーマフーズ(2929)、グリムス(3150)、サイバーリンクス(3683)など、私の保有銘柄もいくつもの銘柄が高値更新となっています。

通常であれば、日経平均株価が大幅高の日はマザーズ指数や中小型成長株が弱い動きなのですが、本日はコロナ悪影響銘柄も、中小型成長株も両方上昇しており、かなり利益を得ることができたのではないでしょうか。

ただ、日経平均株価の上昇スピードはかなり急なので、このあたりで調整を入れてもらいたいというのが正直なところです。そして日経平均株価の調整局面で、マザーズ指数や中小型成長株が大きく上昇することを期待します。

現状、日経平均株価の25日移動平均線からのかい離率は7%です。これが8%を超えてくると天井に警戒、10%に近づくとかなりの確率で一旦の天井となります。

したがって、現時点であまり株を買えていない、という方は、ここからの新規買いはかなり慎重に行うべきであり、相応のリスクを覚悟すべきです。
私自身は、本日時点でADA指数が60%を超えましたので、今後は移動平均線からのかい離率が小さいものや押し目を付けた銘柄を拾う程度にしようと思っています。

実体経済と全くかけはなれたバブルそのものの動きになっていますが、行くところまで行かないと天井はつけませんので、それまで上手に付き合うことにしましょう。

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/