日経平均株価大幅反発ー2020年1月7日の日本株

<今日の日本株>
1月7日の日本株は、前日の大幅安から一転して急反発となりました。日経平均株価の終値は前日比370円86銭高の23575円72銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も大幅反発でした。

値上がり銘柄3199に対し値下がり銘柄624とほぼ全面高の展開、年初来高値更新銘柄は122、年初来安値更新銘柄は10でした。

ADA指数は64.4%となり、前日の49.3%から大きく上昇しました。上昇トレンド銘柄の新規買いや買い直しを行ったことによります。

 

<強い銘柄は強い>
個別銘柄をみると、寿スピリッツ(2222)、エムスリー(2413)、インフォマート(2492)、エスプール(2471)、ウエルシアホールディングス(3141)、イーソル(4420)、メドピア(6095)など、保有株に高値更新となる銘柄が目立ちました。
7日の動きで、崩れかけていたチャートが立ち直った形の銘柄もかなり出ています。

日経平均株価は6日の下げ幅を埋めることができていませんが、私の7日の保有株の時価総額は、昨年末のものを超えました。
つまり、6日の下落額よりも7日の上昇額の方が大きかったということです。

なぜそうなったかといえば、やはり上昇トレンドが続いている強い銘柄を保有しているからだと思います。強い銘柄は、下落局面では相対的に下落が小さく、上昇局面では相対的に上昇が大きくなります。現に、上記に挙げた高値更新銘柄は、6日の下落が小幅にとどまっているものが多いです。

多くの個人投資家は、持ち株を売るとき、利益が出ている、つまり上昇トレンドの銘柄から売っていきます。だから全然儲からないのです。

そうではなく、利益が出ていて上昇トレンドが続いている強い銘柄こそ残さなければなりません。

8日は朝から再び大きく下落しそうですが、やるべきことは変わりません。上昇トレンドの強い銘柄は残し、下降トレンドになったら売却するだけです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/