日経平均株価下落もマザーズ指数は上昇ー2018年11月5日の日本株

<今日の日本株>
11月5日の日本株は、日経平均株価が朝方から大きく下落、終値も先週末比344円67銭安の21898円99銭でした。
TOPIXも下落しましたが、マザーズ指数は大きめの上昇となりました。

値上がり銘柄1506に対し値下がり銘柄2180とやや値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は7、年初来安値更新銘柄は35でした。

ADA指数は3.1%となり、先週末の10.5%から低下しました。保有株に25日移動平均線を割り込んだものがあったことと、新規空売りを少し実行したことなどによるものです。

<アメリカ中間選挙待ち>
個別銘柄をみると、25日移動平均線付近まで戻ってきたものが増えてきていて、強い銘柄は25日移動平均線を超えてきており、反発局面はまだ続いていると判断します。
値上がり銘柄もかなり多かったことや、マザーズ指数が上昇していることが、その根拠です。

とはいえ、アメリカ中間選挙を控え、その後株価がどのように動くのかは全く分かりませんから、25日移動平均線を超えた銘柄を買うにしても、あまり買いすぎてパンパンにならないようにしておいた方が良いと思います。

さらに現在は決算発表シーズンで、決算をきっかけに株価が乱高下する銘柄が多々あります。もしここから新規に買うのであれば、決算発表が済んだものから選ぶのが無難です。決算の内容が良くても、売られるものは売られますから、あまり大量に決算発表前に買い仕込まない方が良いと思います。

やはり、アメリカ中間選挙が終わってから、かつ決算発表が終わった上昇トレンド銘柄へ投資する、というのが現時点でのイメージです。中間選挙の結果株価がどう動くのかを予想するのではなく、どちらか動いた方向につけばよいだけです。それでも十分間に合います。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/