日経平均下落もマザーズ指数は上昇ー2020年11月13日の日本株と今週の投資戦略

<11月13日の日本株>
週末11月13日の日本株は、前場は下げ幅を広げる展開でしたが後場になり少し戻しました。日経平均株価の終値は前日比135円01銭安の25385円87銭でした。
TOPIXも大きく下落しましたが、マザーズ指数は2%近くの上昇となっています。

値上がり銘柄930に対し値下がり銘柄2929と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は48、年初来安値更新銘柄は5でした。

ADA指数は46.7%となり、前日の46.7%と変わらずでした。上昇トレンド銘柄を買い、下降トレンドになった銘柄を売りましたが、それらをトータルするとほぼポジション総額は変わらずとなりました。

 

<再び中小型成長株優位の展開に戻るか?>
個別銘柄を見ると、ケアネット(2150)、グレイステクノロジー(6541)、ソニー(6758)など高値更新となる銘柄も散見されます。
また、13日はマザーズ指数が大きく上昇したこともあり、中小型成長株は株価が上昇した銘柄が多かったです。

一方、10日に突然大幅高となったコロナ悪影響銘柄は11日に高値を付けた後12日、13日と軟調な動きであり、ラウンドワン(4680)、東京製鐵(5423)、Jトラスト(8508)など、反発時の上昇をほぼ吐き出してしまった銘柄も目立ってきています。

さて、日経平均株価のチャートを見る限り、13日の下落はほんのわずかの調整に過ぎませんが、個別銘柄、特にコロナ悪影響銘柄のチャートはかなり悪化しています。コロナ悪影響銘柄の反発は火曜日と水曜日で終わってしまったのではないかと思えるほどです。

ただ、銘柄による温度差もあり、上記で挙げたような銘柄のように、あっという間に下降トレンドに逆戻りしているものもあれば、上昇トレンドをキープできているものもあります。

私は、反発したもののすでに下降トレンドに戻ったコロナ悪影響銘柄は再度空売りを行い、ロング・ショート戦略に戻す予定です。一方、火曜日に大きく売られた中小型成長株も、銘柄によりその後の反発力はまちまちなので、上昇トレンドに復帰した銘柄から順に買い直しを行っていきます。

まだコロナ悪影響銘柄の反発が終了したかどうかは分かりませんが、下降トレンドに逆戻りするものが今週も増加し、逆に中小型成長株に上昇トレンドに復帰するものが目立ってきたならば、再び中小型成長株の買いポジションを積み増していこうと思っています。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/