日経平均下落してマザーズ上昇ー2020年9月15日の日本株

<今日の日本株>
9月15日の日本株は、朝から大きく下落して始まったものの、その後は下げ渋りの動きとなり、日経平均株価の終値は、前日比104円41銭安の23454円89銭でした。
TOPIXも下落しましたが、マザーズ指数は大きく上昇しました。

値上がり銘柄1811に対して値下がり銘柄1927とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は66、年初来安値更新銘柄は1でした。

ADA指数は53.7%となり、前日の42.7%から大きく上昇しました。移動平均線からのかい離が小さい出遅れ銘柄を新たに買い仕込んだことなどが理由です。

<再びマザーズ銘柄に資金が回ってくるか?>
個別銘柄をみると、チェンジ(3962)やラクーンホールディングス(3031)など高値更新となる銘柄も散見されます。
また、ここ最近強い出遅れ銘柄・業績悪化銘柄は今日も強いものが目立ちますし、最近不調の中小型成長株やIT関連株も、マザーズ指数の大幅高から分かるととおり、上げているものが多くありました。

今日は、日経平均株価が下がる一方でマザーズ指数が大幅上昇となっていて、これは望ましい形です。片方が下がれば片方が上がる・・・という関係性であれば、マーケットが過熱しにくく株価上昇が長続きする可能性が高いからです。

ただ、先日まで強かった中小型成長株やIT関連株が、本日のマザーズ指数大幅上昇により大きく上昇したかといえば、逆に下がっているものも少なくありませんでした。中小型成長株やIT関連株のうち、すでに天井をつけてしまった可能性がある銘柄については、本日も弱い動きに感じました。

結局は、上昇トレンドを維持している銘柄をしっかりと保有し、利益を伸ばすことに尽きると思います。中小型成長株やIT関連株と、出遅れ銘柄・業績悪化銘柄のどちらがより上昇するかは分かりませんから、両者区別することなく、上昇トレンド銘柄を買って保有しておくことで、前者と後者のどちらが優勢になっても対応できるようになるはずです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/