日本株大幅高ー2020年7月6日の日本株

<今日の日本株>
週明け7月6日の日本株は、朝方から終日順調に上昇し、後場に入ると一段高となりました。日経平均株価の終値は先週末比407円96銭高の22714円44銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄3171に対し値下がり銘柄696と全面高に近い展開、年初来高値更新銘柄は69、年初来安値更新銘柄は5でした。

ADA指数は37.6%となり、先週末の19.7%から大きく上昇しました。上昇トレンド銘柄の新規買いに加え、空売り銘柄を買い戻ししたことによります。
空売りしている銘柄が一斉に反発してきたため、今後さらに株価が上昇するようなら順次買い戻しをすることになります。

 

<出遅れ銘柄が一斉に反発>
個別銘柄をみると、エムスリー(2413)、ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)、図研(6947)、日本取引所グループ(8697)、ベルク(9974)など高値更新となる銘柄もそれなりに出ています。

また、私が空売りをしているコロナ悪影響の出遅れ銘柄が軒並み大きく上昇し、これらも底打ちを果たして上昇に転じる可能性があります。

現状の日本株は「中小型成長株およびコロナ恩恵株」と「コロナ悪影響の出遅れ銘柄」とに二分されていて、私が買いの中心としているのは前者です。

6月初旬に、後者が天井をつけて1ヶ月ほど下落を続けてきましたが、昨日の一斉反発により、当面の底打ちを果たした可能性があります。

ただ、まだ上昇トレンドに転じるほどの反発をみせているものはわずかですので、今後の株価の推移を見守っていきたいと思います。
その上で、例えば今まで強かった中小型成長株やコロナ関連銘柄が弱くなり、逆にコロナ悪影響出遅れ銘柄が上昇トレンドになるようであれば、銘柄の入れ替えも必要になると考えています。

現段階ではそこまでの動きにはなっていませんので、とりあえずは空売りを外しつつ、上昇トレンドの強い銘柄をしっかり保有していきます。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/