日本株大幅安で正念場ー2019年8月2日の日本株と今週の投資戦略

<8月2日の日本株>
週末8月2日の日本株は、前日のアメリカ株安を受け朝方から大幅安で始まり、その後も下げ幅を広げ一時日経平均株価は21000円割れとなりました。引けにかけてやや戻りましたが終値は前日比453円83銭安の21087円16銭でした。
TOPIXも大幅安、マザーズ指数も下落しましたが日経平均株価やTOPIXに比べると下落率は小さく収まっています。

値上がり銘柄455に対し値下がり銘柄3365と全面安の展開、年初来高値更新銘柄は39、年初来安値更新銘柄は270まで膨らんできました。

ADA指数は15.1%となり、前日の33.8%から大きく低下しました。保有株の売却に加え、新規空売りも実行しました。まだ保有株も結構残っていますが、空売りの割合が増加した形でのロング・ショートになっています。

 

<日経平均株価の節目近辺での攻防>
個別銘柄をみると、このような環境の中、ペプチドリーム(4587)やアイ・アールジャパンホールディングス(6035)が高値を更新するなど。強い銘柄も結構あり、まだ上昇トレンドにとどまっている銘柄も少なくありません。
その一方、年初来安値更新銘柄は270にまで増加しており、全体的にみれば強い銘柄もそこそこ残っているものの、下げ相場になっています。

そんな中、まだ粘り強さをみせている日経平均株価も、節目である21000円どころの攻防となっています。ここを明確に下回ると、いよいよ日本株全体が本格的に下方向に向かう可能性が高まってきます。

現状の私のポジションは、結構買い銘柄も残っています。まだまだ上昇トレンドをキープしている銘柄もあるからです。一方、弱い銘柄も多く、底割れとなった銘柄もかなり出ていますから、そうした銘柄は空売りを実行しています。

過去の経験則からすると、アメリカが利下げをした後は株価が大きく値下がりしています。アメリカ株が下がれば日本株も下がりますから、日経平均株価の21000円の節目の攻防の結果、下に動くようなことがあれば、最大級の警戒をする必要があります。
いずれにせよ、買いで大きな利益を狙う相場環境ではないことだけは確かです。大きく負けないことを最優先とし、やがて来るチャンスにしっかりと乗っていきたいものです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/