日本株大幅下落ー2019年3月28日の日本株

<今日の日本株>
3月28日の日本株は大きく下落、日経平均株価は一時21000円を割り込むなど大幅安となり、終値も前日比344円97銭安の21033円76銭でした。
TOPIXも下落、マザーズ指数も下落率は小さいながらも下落しました。

値上がり銘柄757に対し値下がり銘柄2988と全面安に近い状態、昨年来高値更新銘柄は12、昨年来高値更新銘柄は66でした。

ADA指数はマイナス7.6%となり、前日のプラス2.8%から再びマイナス圏となりました。保有株の売却や新規空売りを実行したことによります。

 

<株価に振りまわされる動き>
日経平均株価は大幅安となりましたが、個別銘柄ベースでみると、意外と強い動きのものも目立ちます。神戸物産(3038)やGMOペイメントゲートウェイ(3769)などは高値更新となっています。

一方、N・フィールド(6077)、ミマキエンジニアリング(6638)、野村ホールディングス(8604)、商船三井(9104)など下落を続けている銘柄も多々あります。

結局は、日本株全体のトレンドが横ばいになっているので、個別銘柄で見るとバラバラな動きになっているということです。
ですから私は、前者のような強い銘柄は買い、後者のような弱い銘柄は空売りをして、上下どちらかに大きなトレンドが発生するのを待っているという状況です。

昨日は「日本株はかなり強い動き」と書いた翌日にこの下落ですから、非常にやりにくい相場です。上昇トレンドと思って買ったら下降トレンドに転じたり、下降トレンドになったと思って空売りしたらすぐ反発して損切りになったり・・・これも全て、中長期の明確なトレンドが出ておらず、横ばいの動きが続いていることが原因です。

まだ強い動きの銘柄が結構ありますから、昨日の大幅安をもって下降トレンドの大きな流れが始まったとも考えにくいです。
ただ、下降トレンドの弱い銘柄を空売りしておく、少なくとも保有しないようにしておけば、大きな下落が来ても耐えられます。逆に上昇トレンドの強い銘柄を保有しておけば、ここから本格的な上昇が来てもそれなりの利益を得ることができます。

最もやるべきではないのは、中長期のトレンドがはっきりしないのに買いや売りに資金を傾けてしまうことです。それでは博打と同じになってしまいます。

資金を傾けるのは、トレンドがもう少し明確に見えてからでも遅くありません。トレンドが明確でない間は、利益を得る必要はなく、大きな失敗をして資金を減らすことを避けていれば十分です。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/