日本株上昇止まらずー2020年5月26日の日本株

<今日の日本株>
5月26日の日本株は、朝方から大幅高となり、その後も上値を伸ばす展開でした。日経平均株価の終値は前日比529円52銭高の21271円17銭でした。
TOPIXも大幅上昇となりましたが、マザーズ指数は下落しました。日経平均大幅高のときはマザーズ指数は弱いといういつも通りの動きです。

値上がり銘柄2777に対し値下がり銘柄1103と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は97、年初来安値更新銘柄はゼロでした。

ADA指数は44.1%となり、前日の45.9%から少し低下しました。保有株の一部利食いを行った一方、空売り銘柄の買い戻しを行いました。変化の兆候はなく、強気継続です。

 

<上がっている内に売るか、下がってから売るか>
個別銘柄の動きを見ると、SBSホールディングス(2384)、チエル(3933)、日本オラクル(4716)、伊藤忠テクノソリューションズ(4739)、エレコム(6750)など高値更新となる銘柄がかなり発生しています。

また、全体的に見ても、ほぼ全ての銘柄が上昇トレンドにある、という非常に強い相場です。

騰落レシオもとうとう132.9%まで上昇しました。4月20日に124.2%を付けた時、私は早晩リバウンドが終わって再び下げに転じる可能性が高いと、この騰落レシオの数値をみて思ったのですが、結局その後1ヶ月の間、上昇が続きました。

ただ、騰落レシオが130超えということは、さすがにいつ天井をつけてもおかしくない状況なので、下げ始めの兆候(長い上ヒゲとか5日移動平均線割れなど)に注意しながら保有を続けるということになるかと思います。

さて、ここまで上昇が続くと気になるのが、「いつ持ち株を売る?」という点です。もうすでに持ち株を売ってしまったという方もいると思いますが、株価上昇途中に持ち株を売るのは、かなり難しいです。ほとんどの場合で天井付近では売れないこととなるはずです。

そこで私は、天井をつけた可能性が高いというタイミング、言い換えれば下げに転じたら売るというようにしています。このとき使うのが、通常は25日移動平均線ですが、株価上昇のスピードが早く、25日移動平均線からのかい離率が高い銘柄については、5日移動平均線を代わりに使います。

私の経験上、株価上昇途中に「そろそろ天井だろう」と売却すると、ほとんどの場合でその後も株価が上昇していきました。ですから、上昇途中の売りは結構なのですが、さらに株価が上昇することが多い、という点を理解したうえで実行するようにしてください。「利食い千人力」ですから、その後のさらなる上昇の可能性も踏まえて、あえて利食い売りを出すというのも1つの作戦です。

いまのところ日本株が壊れたという兆候はありません。今は利益が取れやすい時期ですから、取れるだけ取っておきましょう。そして、下げに転じたら、せっかくの含み益を吐き出さないよう、早めに一旦売っておいたほうが堅実です。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/