方向感に乏しい展開ー2019年6月17日の日本株

<今日の日本株>
週明け6月17日の日本株は、朝方安く始まり、その後はプラスに転じるも上値も重い、といった状況で、日経平均株価の終値は先週末比7円11銭高の21124円00銭でした。
TOPIXやマザーズ指数は下落しており、日経平均株価優位の展開でした。

値上がり銘柄1336に対し値下がり銘柄2338と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は63、年初来安値更新銘柄は43でした。

ADA指数は15.4%となり、先週末の12.7%から上昇しました。空売りしている銘柄が25日移動平均線に達したため買い戻したことなどが主な要因です。

 

<今のままでは全面高にはならない>
個別銘柄をみると、インフォマート(2492)や神戸物産(3038)、バリューHR(6078)など高値更新となる銘柄もある一方、値下がりが止まらないものもあります。

今の日本株は方向感が定まっておらず、個別銘柄も強いもの、弱いものとまちまちです。

先週末のメジャーSQが波乱なく乗り切れたことは歓迎すべきことですが、それは方向感の乏しい展開が続くという現れでもあります。

今の日本株は、外国人投資家の資金が大量に流入して買い上がってくれないかぎり、全面高にはなりません。現状は、売買代金も小さくなっていて、外国人の積極的な買いが入っている状況からは程遠いです。

ただ、相場環境が悪いとまでは言えないので、強い銘柄には個別に投資資金が流入している状態です。

私自身は、今後もロング・ショート戦略を続けながら相場の変化の兆候をさぐり、大きな方向性が出そうになったら、買いもしくは売りのどちらかにポジションを傾けるつもりです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/