押し目?それとも下落?-2018年10月9日の日本株

<今日の日本株>
3連休明けの10月9日の日本株は朝から終日大幅安となりました。日経平均株価の終値は先週末比314円33銭安の23469円39銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も大幅安となりました。

値上がり銘柄719に対し値下がり銘柄3013と全面安に近い状態、年初来高値更新銘柄は25、年初来安値更新銘柄は93でした。

ADA指数は16.4%となり、先週末の37.2%から大きく低下しました。25日移動平均線を割り込んだ保有株の売却や、新規空売りの追加を実行したことによるものです。

 

<現状は押し目ではなく下落相場>
個別銘柄をみると、TDCソフト(4687)など高値更新をする銘柄もありましたがごくわずかで、それよりも年初来安値更新となる銘柄が目立ちました。

現状、日経平均株価は25日移動平均線の少し上、TOPIXは25日移動平均線上ですが、マザーズ指数は明確に25日移動平均線を下回っています。

日経平均株価だけみれば、「押し目買い」の範疇ですが、相場全体で見れば高値更新銘柄よりも安値更新銘柄の方がはるかに多いのですからどう考えても下落相場です。

もちろん、上昇トレンドの個別銘柄もありますから、そうした銘柄は保有すればよいですし、大きく上昇していた銘柄が25日移動平均線近辺まで落ちてきたなら、押し目買いをするのもよいでしょう。

しかし、25日移動平均線を割り込んだなら、それは下降トレンドへの転換ですから「押し目買い失敗」です。速やかに売却し、再度25日移動平均線を超えるまで買いは控えるべきです。

押し目買いは、「下がれば買い」だけではありません。「さらに下がれば損切り」、これを徹底しないと、押し目買いで安く買ったつもりが、大きな損失に結びついてしまいます。

短期的には売られすぎの水準に達していますから、そろそろ反発もしそうですが、下降トレンドの銘柄は買わない、上昇トレンドの銘柄だけ保有する、これを徹底しなければ負けが込む相場であることをよく認識してください。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/