強い株がどんどん上がるー2020年8月24日の日本株

<今日の日本株>
8月24日の日本株は、先週末終値を挟んで小動きとなり、日経平均株価の終値は先週末比65円21銭高の22985円51銭でした。
TOPIXも小幅上昇、マザーズ指数は1.5%ほどの上昇となっています。

値上がり銘柄1964に対し値下がり銘柄1819とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は85、年初来安値更新銘柄は2でした。

ADA指数は66.9%となり、先週末の66.9%と変わらずでした。多少の銘柄入れ替えはあるものの、上昇トレンド継続銘柄への強気は続けています。

 

<高値更新銘柄続出>
個別銘柄をみると、高値更新銘柄が続出しています。エムスリー(2413)、神戸物産(3038)、メディアドゥ(3678)、チェンジ(3962)、エニグモ(3681)、ブイキューブ(3681)、ラクス(3923)、HENNGE(4475)、マクアケ(4479)、メドレー(4480)、弁護士ドットコム(6027)、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)、ライフネット生命保険(7157)、アルファポリス(9467)・・・、まだまだ書ききれないほどあります。

日経平均株価をみると、上に行きそうでなかなかいかないというもどかしい動きですが、マザーズ指数は高値追い、そして個別銘柄はしっかりと上昇トレンド銘柄に乗れていれば絶好調、という感じです。

出遅れ銘柄・業績悪化銘柄のリバウンドより、上昇トレンドが続く銘柄をしっかり保有し続ける方が、はるかに高いパフォーマンスとなっています。

もちろん、上記のような高値更新銘柄を今から買うのはリスクが高すぎますし、いつ天井を付けるかは分かりません。でも、壮大なバブルに発展する可能性もゼロではありません。

だとしたら、淡々と株価のトレンドに従った行動をしていれば、上昇が続けば利益を拡大できますし、下落に転じれば持ち株を売却しておくことでそれ以上株価が下落してもダメージを受けずに済みます。

25日移動平均線からのかい離率がかなり高まっている銘柄もあるので、こうしたものは上昇トレンド途中でも一部売却して利益を確保することも考えています。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/