弱い銘柄が少しずつ増加ー2020年1月23日の日本株

<今日の日本株>
1月23日の日本株は、朝から大幅安で終日売られる展開となりました。日経平均株価の終値は前日比235円91円安の23795円44銭と24000円を割り込みました。
TOPIX、マザーズ指数も下落しました。

値上がり銘柄1037に対し値下がり銘柄2743と値下がり優勢、昨年来高値更新銘柄98、昨年来安値更新銘柄は17でした。

ADA指数は62.0%となり、前日の62.3%とほぼ横ばいでした。弱い銘柄を売り強い銘柄を買うといった多少の銘柄入れ替えを行った程度です。

 

<強い銘柄もまだまだ多いが・・・>
個別銘柄をみると、イーソル(4420)、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)、アドバンテスト(6857)、建設技術研究所(9621)など高値更新となる銘柄もいくつかある一方、下降トレンドに転じる弱い銘柄も少しずつ増えている印象です。

そのことは、昨年来高値更新銘柄が比較的高水準で推移している一方、昨年来安値更新銘柄も増加している点にも表れています。

日経平均株価は24000円より上が重く、25日移動平均線付近まで下がってきています。現時点で弱気になったり、持ち株をすべて売るようなことは必要ありませんし、逆に上昇トレンドの銘柄はしっかりとホールドして利益を伸ばすべきですが、下降トレンドに転じた銘柄は速やかに売却しておかないと、思わぬ損失を被ってしまいかねませんので十分注意しましょう。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/