弱い銘柄が増えてきたかー2020年8月20日の日本株

<今日の日本株>
8月20日の日本株は、朝からじり安の展開となり、日経平均株価の終値は前日比229円99銭安の22880円62銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も下落しました。

値上がり銘柄1080に対し値下がり銘柄2673と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は42、年初来安値更新銘柄は2でした。

ADA指数は65.9%となり、前日の68.9%から低下しました。25日移動平均線を割り込んだ銘柄がいくつかあったため、それらを売却したことなどによります。

 

<やるべきことはいつも同じ>
個別銘柄を見ると、ブイキューブ(3681)、ULSグループ(3798)、フリー(4478)、メドレー(4480)など高値更新となる銘柄も散見されました。

しかし多くの銘柄が軟調な動きであり、特に出遅れ銘柄・業績悪化銘柄の中に、25日移動平均線を明確に割り込んでくるものが目立ってきました。

チャート的には、25日移動平均線を割り込んだとしても、直近安値を割り込まなければ底打ちの範疇にあります。でも、25日移動平均線を割り込まなければ直近安値も割り込まないですから、25日移動平均線の上をキープしているかどうかは、その銘柄の強さ、底堅さを表す重要なサインとなります。

さて、私の保有銘柄の多くは、株価こそ値下がりしたものの上昇トレンドにあります。したがって、それが続く限りは保有を続けることになります。

株価がどこで天井を付けるかは分からない、ならば株価のトレンドについていくのが最も理にかなっているというのが私の持論です。日経平均株価が大きく値下がりしても、中小型成長株の株価が上昇しているなら、持ち続けて利益を伸ばすべきです。

25日移動平均線を割り込む銘柄が日に日に増大するようであれば、再びロング・ショート戦略に戻す可能性もあります。
ときかく今のマーケットは、株価が上に行っても下に行ってもおかしくない状況ですから、「ここからこうなる!」と決めつけることはせずに、淡々と株価の動きについていくようにしましょう。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/