底堅い動きだが個別銘柄は・・・-2019年9月18日の日本株

<今日の日本株>
9月18日の日本株は、日経平均株価が小幅下落も底堅い動きとなり、終値は前日比40円61銭安の21960円71銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も下落しました。

値上がり銘柄1281に対し値下がり銘柄2395と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は79、年初来安値更新銘柄は4でした。

ADA指数は48.0%となり、前日の49.0%から少し低下しました。ポジション調整のため、動きの鈍い銘柄を売却し、上昇トレンドになったばかりの銘柄を買うなどしています。

 

<個別銘柄は大きく下げるものが目立つ>
個別銘柄をみると、クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)など、株価上の節目である直近高値を超えた銘柄の上値追いも散見されますが、多くの銘柄は陰線を引いて下落しています。

さすがに短期的には過熱感があり、値下がりすること自体は全く自然なのですが、日経平均株価に比べて弱い動きの個別銘柄が目立っているという印象です。

とりあえずは足元では成長株より割安株の方が強い動きが続いていますから、割安株の25日移動平均線からのかい離率が小さくなるのを待って押し目買いをするのがよいのではないかと思います。くれぐれも、25日移動平均線からのかい離率が高い状況で飛びつかないようにしましょう。

また、日経平均株価だけが強い動きが続く可能性もありますから、日経平均株価連動型のETFや、日経平均先物への投資により、個別銘柄がイマイチでも日経平均株価が上昇すれば利益を得られるポジションを組んでおくのも有効です。もちろんこちらも現状ではかい離率が高くなっていますので、押し目を待ったうえで新規投資するのがよいでしょう。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/