小動きで閑散状態ー2019年12月24日の日本株

<今日の日本株>
12月24日の日本株は、日経平均株価が上下60円ほどの小動きに終始し、終値は前日比9円47銭高の23830円58銭でした。
TOPIXは小幅安、マザーズ指数は1%超の上昇でした。

値上がり銘柄1843に対し値下がり銘柄1832と拮抗、年初来高値更新銘柄は83、年初来安値更新銘柄は12でした。

ADA指数は59.9%となり、前日の59.4%とほぼ変わらずでした。上昇トレンド銘柄の新規買いの一方、下降トレンド転換となった保有株は売却しています。基本的には強気継続であることに変化ありません。

 

<年初来高値更新銘柄が年初来安値更新銘柄を上回る限りは>
個別銘柄をみると、エムスリー(2413)、マニー(7730)、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)が高値更新、IBJ(6071)も久しぶりの高値更新となりました。

一方で、調整局面に入っている銘柄も少なくなく、銘柄により動きはマチマチの状況です。

従って、銘柄ごとの株価のトレンドをしっかりと把握し、上昇トレンドの銘柄のみを買い、保有するようにしないとなかなか利益が伸びないと思います。

また、一度下降トレンドに転換したとしても、再度上昇トレンドに復帰する銘柄も当然ありますから、一度売った銘柄についてもその後の株価の動きはしっかりと追っておくべきです。そうすれば、株価が天井を付けるまでついていくことができます。

残念ながら今の日本株は主体性を持った動きができず、ニューヨークダウとドルー円レートに連動した動きとなっています。
そのためニューヨークダウが上昇しても為替が円安にならなければ日経平均株価はなかなか上昇しません。
ただ、その間にしっかりとマザーズ指数が上昇してくれれば循環物色が続いていることになるため問題ありません。

今は日本株の過熱感は全くありませんし、年初来高値更新銘柄が年初来安値更新銘柄を上回る状況がずっと続いています。その間はもちろん個別銘柄ごとのトレンドに従った売買は必要ですが、日本株全体でみて弱気になることはないと思いますし、逆にしっかりと利益を伸ばしていく時期となります。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/