好調な動きが続くー2018年8月27日の日本株

<今日の日本株>
週明け8月27日の日本株は、朝からじり高の展開となり、日経平均株価の終値は先週末比197円87銭高の22799円64銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄3017に対し値下がり銘柄718とほぼ全面高に近い展開でした。年初来高値更新銘柄は49、年初来安値更新銘柄は11でした。

ADA指数は42.9%となり、先週末の22.3%から大きく上昇しました。上昇トレンドに転じる銘柄が増加したため新規買いをしたり、純粋な空売りを買い戻したりしたことによります。

 

<23000円の壁突破なるか>
個別銘柄をみると、MonotaRO(3064)、リクルートホールディングス(6098)など、高値更新となる銘柄もでています。
また、下降トレンドから上昇トレンドに転じる銘柄が日々増加している状況です。
さらには、ブロードバンドタワー(3776)、オルトプラス(3672)など、業績が良くないにもかかわらず株価が急騰するものがいくつも出てきています。
これは、相場環境が良くならないとあまり起こらない現象です。

それまでとは違った変化を感じたのが8月22日(水)、それから4日間連続で、日本株は良い動きが続いています。

日経平均株価は明確に25日移動平均線を超えてさらに上昇していますし、マザーズ指数もかなり久しぶりに明確な25日移動平均線超えを果たしました。TOPIXは出遅れていてようやく25日移動平均線まで戻った状況です。

先日、日経平均株価が今まで何度も跳ね返されている23000円近辺の壁を超えてくることが強気に転じるサインであるが、上昇トレンドに転じた銘柄はある程度積極的に買っていくべき、というように書きました。私自身、ADA指数が一時マイナス28.6%まで達したのが現在はプラス42.9%となっていることから分かるように、一時はほぼゼロに近かった保有株が再び増加しています。

私自身は、チャンスが到来しているという認識でいますから、株価が上昇すれば利益が増えるように株保有の割合を増やしています。
下降トレンドでは損失が膨らまないように保有株を減らし、上昇トレンドでは利益を得るために保有株を増やす。非常に単純なことですが、実際にこれができている投資家はあまり多くありません。トレンドに応じた投資金額の増減で、攻めと守りにメリハリをつけることが重要です。

 

ただ、今回の株価上昇が単なる戻りの可能性もありますから、あまり高値掴みをしないように注意しましょう。短期的には上昇のピッチが速いので少し調整が入る可能性もあります。25日移動平均線からのプラスかい離が大きい銘柄への買いは慎重に行った方が良いと思います。

 

★お知らせ★
10月から11月にかけて、メールマガジンの読者さんを対象にしたセミナーを開催します。

セミナーのご案内は、メールマガジンの中にて行います。近日中にご案内を出しますので、ご関心のある方でまだメールマガジンを登録していない場合は、下記よりご登録をしてください。

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/