勝ちにくい相場になりつつあるかー2020年7月17日の日本株と今週の投資戦略

<7月17日の日本株>
週末7月17日の日本株は、前日終値を挟んで小動きとなり、日経平均株価の終値は前日比73円94銭安の22696円42銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も下落しました。

値上がり銘柄1390に対し値下がり銘柄2390と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は27、年初来安値更新銘柄は2でした。

ADA指数は34.4%となり、前日の38.4%から低下しました。下降トレンドに転換した保有株を売却したなどの理由によります。

 

<銘柄ごとにちぐはぐな動きに>
個別銘柄をみると、メディアドゥ(3678)、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)、日本取引所グループ(8697)など高値更新となる銘柄も散見されましたが、総じてバラバラな動きに感じました。

今まで強かった中小型成長株やコロナ関連銘柄も、値を伸ばすものと値を崩すものがありますし、ここ数日強い動きだった出遅れコロナ悪影響銘柄も、続伸するものと急速に伸び悩むものがあります。

週末の検証の結果、一斉に反発したため空売りを外した銘柄につき、再度25日移動平均線を明確に下回ったものについては空売りを入れなおすことを検討しています。金曜日の動きを見る限り、どうも本格的な反発にはなりにくそうな印象を受けました。

4月に反発をはじめてからもう3ヶ月ちょっとが経過しています。さすがに強い銘柄も一服症状となる時期でもあり、だんだんと勝ちにくくなっているように感じます。
私は淡々と、上昇トレンドの強い銘柄を保有して、下降トレンドになったら売るというルーティンを繰り返し、仮にここから二番底を目指す展開となったとしても、しっかりと生き残れるような行動を取っていきたいと思います。

 

※お知らせ
私が本ブログ内で紹介している銘柄を買っているという方がかなりいらっしゃるようですが、私は銘柄を推奨しているわけではなく、単に上場来高値や過去5年来の高値を更新している銘柄を書き記しているだけです。

逆に、本ブログで書き記しているタイミングで買うと、高値掴みになりかねませんので、十分注意してください。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/