割安株優位の展開続くー2019年12月12日の日本株

<今日の日本株>
12月12日の日本株は、終日小動きとなり、後場強含んだものの上値は重い展開でした。日経平均株価の終値は前日比32円95銭高の23424円81銭でした。
TOPIX、マザーズ指数は下落しました。

値上がり銘柄1387に対し値下がり銘柄2326と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は105、年初来安値更新銘柄は13でした。

ADA指数は54.6%となり、前日の61.6%から低下しました。保有株に25日移動平均線を割れるものが相次ぎ、それらを売却したことによります。

 

<日経平均株価は強そうだが・・・>
個別銘柄をみると、私のウォッチ銘柄は日々下降トレンドに転じるものが増えていて、明確な上昇トレンドとなっているのは半分くらいしかありません。
ウォッチ銘柄には割安株があまり入っていないので、年初来高値更新銘柄が100以上あるとは到底思えないほどです。
年初来安値更新銘柄が久しぶりに10を超えてきたのが気になるところです。

日経平均株価は下降トレンドに転じることなく底堅い動きとなっていて、ついに昨晩のアメリカ株大幅高により年初来高値を更新しそうな勢いです。

しかし、日経平均株価が強いときは中小型株には資金が回ってこないため、逆にそれらは下落する可能性が高くなります。そのため「日経平均株価は上昇しているが持ち株は全然上がらない」という状態になりがちです。

そのような事態に備えるためには、日経平均先物や、日経平均株価に連動するETFに投資し、個別銘柄がイマイチでも日経平均株価が上昇すれば利益が取れるようにしておくことが望ましいです。

持ち株が上がらなくても、日経平均株価の上昇による恩恵をできるだけ得ることで、だいぶ精神的にもゆとりが出ます。

もし、割安株への投資をここから考えるのであれば、年初来高値更新となっているものばかりに投資するとリスクが高いので、まだあまり上昇していないものも織り交ぜていった方が良いと思います。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/