全体は堅調も成長株は軟調ー2021年1月12日の日本株

<今日の日本株>
3連休明け1月12日の日本株は、朝方安く始まった後は、先週末の終値を挟んだ展開となりました。日経平均株価の終値は先週末比25円31銭高の28164円34銭でした。
TOPIXも上昇しましたが、マザーズ指数は下落しました。

値上がり銘柄2023に対し値下がり銘柄1857とほぼ拮抗、昨年来高値更新銘柄は123、昨年来安値更新銘柄は2でした。

ADA指数は64.6%となり、先週末の78.5%から大きく低下しました。これは、弱気に転じたというよりは、ポジションが膨らみすぎていたので意図的に調整したものです。今後、新規の銘柄の買いなどで、再びADA指数は上昇する可能性もあります。なお、成長株の一部に空売りを実行しています。

 

<上昇トレンドとなっている銘柄についていくのみ>
個別銘柄をみると、オークファン(3674)、日本電産(6594)、ソニー(6758)、日本電子材料(6855)などが高値更新となっています。
その一方、すでに弱くなってからかなり経過している中小型成長株のみならず、東証1部上場の大型成長株にも弱い動きが目立ってきています。例えば日本M&Aセンター(2127)などです。

引き続き、強い銘柄は景気敏感株や、日経平均株価の影響度の高い銘柄、そしていわゆる優良株と言われる銘柄(日本電産などはこれに該当)が強く、成長株は弱いという展開です。

成長株も全て弱いというわけではないのですが、上昇トレンドの銘柄が日々減少しているという感じです。景気敏感株も同様で、全部強いわけではなく、弱いものもあります。ただ、強い銘柄の割合でみれば、景気敏感株の方が多いです。

引き続き、建設、化学、機械、鉄鋼、非鉄金属、半導体、電機機器、自動車関連、海運、造船、銀行、証券といったところに注目していきたいと思います。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/