先駆銘柄は調整局面入りかー2019年11月20日の日本株

<今日の日本株>
11月20日の日本株は、朝から安く始まり、一時プラス圏に転じたもののそこから売りなおされ、日系平均株価の終値は前日比144円08銭安の23148円57銭でした。
TOPIXも下落しましたが、マザーズ指数は上昇しました。

値上がり銘柄1433に対し値下がり銘柄2276と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は71、年初来安値更新銘柄は11でした。

ADA指数は59.7%となり、前日の63.3%から低下しました。保有株で25日移動平均線を下回るものがあったため、それらを売却したことなどによります。

 

<先駆銘柄から弱りはじめている>
個別銘柄をみると、エムスリー(2413)、ウエルシアホールディングス(3141)、ダブルスタンダード(3925)、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)など、高値更新となる銘柄も少なくありません。

一方、日本郵船(9101)、商船三井(9104)、太陽誘電(6976)など先駆して反発していた銘柄に25日移動平均線割れの動きが目立ってきており、先駆株は調整局面、出遅れの成長株はまだ上昇局面、といった感じです。

個人的には日経平均株価が下落していてもマザーズ指数が上昇する展開であれば利益が増えるため、今のところ問題ありませんが、先駆株もある程度持っているため、それらの下降トレンド転換では一度売却して再度の上昇トレンド入りを待ちたいと思います。

ニュースをみると政局不安となっていますが、株式投資をしている個人投資家であれば、あくまでも売買の判断基準は株価のトレンドです。将来を予測して、先回りして売買しようとは決して思わないでください。予測して、それが外れたら大きな利益を逃したり、大損をすることにつながりますから。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/