先物の下げが気になるがー2019年7月30日の日本株

<今日の日本株>
7月30日の日本株は、朝方大きく上昇したものの後場伸び悩みとなり、日経平均株価の終値は前日比92円51銭高の21709円31銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2346に対し値下がり銘柄1292と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は89、年初来安値更新銘柄は24でした。

ADA指数は32.4%となり、前日の32.4%から変わらずでした。新規の購入銘柄があったり、保有株の売却や空売りの買い戻しがあったりしましたが、トータルでみれば変化なしという状況です。

 

<日経平均株価、直近高値更新できず>
個別銘柄をみると、エス・エム・エス(2175)、神戸物産(3038)、エレコム(6750)など高値更新となる銘柄もありますが、インソース(6200)のように高値更新後伸び悩むものもあるなど、すっきりとした上昇とはなかなかいきません。

日経平均株価も直近高値を更新できず、頭打ちの動きとなってしまっています。さらにはシカゴ日経平均先物が21480円まで値下がりしており、このまま21800円どころの日経平均株価の直近高値を超えられなければ、下げに転じる可能性も大いに考えられます。

決算発表シーズンに入っていますが、あくまでも株価のトレンドに従って淡々と行動するだけです。決算発表前後の株価の乱高下に巻き込まれたくないのであれば、決算発表を控えた銘柄は手を出さない方が無難でしょう。とにかく今は「利益を上げること」よりも「大きな損失を出さないこと」を重視するようにすべきと思います。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/