傾向に特段の変化なしー2020年6月24日の日本株

<今日の日本株>
6月24日の日本株は、朝方上昇したものの後場は弱含みとなり、日経平均株価の終値は前日比14円73銭安の22534円32銭でした。
TOPIXも下落しましたがマザーズ指数は上昇しました。

値上がり銘柄1394に対し値下がり銘柄2347と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は57、年初来安値更新銘柄は1でした。

ADA指数は46.9%となり、先日の47.6%から少し低下しています。少量ながら本日も新規空売り銘柄を追加しました。

 

<コロナ悪影響銘柄の下降トレンド転換が目立つ>
個別銘柄をみると、GMOクラウド(3788)、エムスリー(2413)、チェンジ(3962)、弁護士ドットコム(6027)、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)、図研(6947)、イー・ギャランティ(8771)など高値更新となる銘柄も相当数ありました。

その一方、出遅れ銘柄であるコロナ悪影響銘柄は、25日移動平均線を割り込むものが日々増加しています。

このように、中小型成長株やコロナ恩恵銘柄が強く、出遅れコロナ悪影響銘柄が弱いという動きが今日も続いています。

これを受けて私自身は出遅れコロナ悪影響銘柄への新規空売りを行い、軽いロング・ショート戦略となっています。株価の調整が進めば、空売りを増やしていく予定です。

昨晩のアメリカ株は大幅安となりましたが、これを受けて今まで強かった中小型成長株やコロナ恩恵銘柄の動きがどうなるかに注目しています。

2020年の成長率予測が世界恐慌以来の落ち込みとなると報じられていますが、これを受けて実体経済と株価のかい離が縮まる、つまり株価が大きく下落するのかどうかに注目です。
無論、将来の株価を予測することはせず、株価が下降トレンドになったら売却するというルールを守ってさえいれば、特に恐れることはありません。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/