何も考えずに流れについていくー2019年6月5日の日本株

<今日の日本株>
6月5日の日本株は、前日のアメリカ株急上昇を受けて、朝から大きく上昇し、終日強い動きでした。日経平均株価の終値は前日比367円56銭高の20776円10銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も大幅に上昇しました。

値上がり銘柄3217に対し値下がり銘柄536と全面高に近い展開、年初来高値更新銘柄は31、年初来安値更新銘柄は13でした。

ADA指数はマイナス5.6%となり、前日のマイナス20.0%から大幅にマイナス幅が縮小しました。空売りの買い戻しに加え、新規の買いもそこそこ入れました。でもまだ空売りもかなり残っています。

<流れについていくのが大事>
個別銘柄の年初来高値更新銘柄数、年初来安値更新銘柄数をみても分かるように、昨日の反発は、これまで株価が値下がりを続けていた弱い銘柄が中心でした。とはいえ、反発により株価が25日移動平均線を超えたものについては、淡々と空売りの買戻しを続けました。

私自身も、日経平均株価がもう少し下がって19000円近辺まで落ちると想定してポジションを組み立てていましたが、想定より早く、昨日大幅高となりました。

となれば、「この反発は一時的だ!またすぐ下げに転じるはずだ」などと思って空売りを買い戻さなかったり、さらに空売りを積み増すのではなく、何も考えずにルールに従って淡々と行動すべきです。

私であれば、保有株が25日移動平均線を割り込んだら売却、空売りしている株が25日移動平均線を超えたら買い戻し、というルールです。
そして、決算発表等で株価がいきなり急騰して買いそびれた銘柄が、調整局面で株価が25日移動平均線に接近したタイミングで新規買いする、というのも大事です。

強い株は、反発局面になると他の株より大きく上昇する可能性が高いです。そして、そもそも決算発表の数字が良かったため急騰したわけですから、今後の株価上昇も期待できるというわけです。

下げの局面では、下降トレンドになった保有株を売却することはもちろんのこと、買いそびれた銘柄が投資すべきタイミングに来ていないかをしっかりと観察し、チャンスを逃さないことも重要です。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/