今のところ特に変化なしー2019年2月6日の日本株

<今日の日本株>
2月6日の日本株は、日経平均株価が21000円をうかがう動きとなったものの上値は重く、終値は前日比29円61銭高の20874円06銭でした。
TOPIXは小幅安、マザーズ指数は上昇しました。

値上がり銘柄1806に対し値下がり銘柄1823とほぼ均衡、昨年来高値更新銘柄は6、昨年来安値更新銘柄は11でした。

ADA指数は34.7%となり、前日の33.9%とほぼ変わらずでした。多少の銘柄入れ替え等はありますが、基本的にはこれ以上どんどんポジションを増やすつもりは今のところありません。

 

<指数が伸び悩んでも個別銘柄が強ければ問題ない>
日経平均株価は21000円の壁をなかなか突破できずにいますが、個別銘柄はそこそこ堅調な動きのものが多いです。

以前、内需系中小型成長株の多くが右肩上がりに上昇していたとき、日経平均株価が横ばいであってもそれらの銘柄は上昇を続けていました。

つまり、日経平均株価が上昇しないとか、少し下落したからと言って、上昇トレンドが続く強い銘柄までも売却してしまう必要はないということです。少なくとも私はその方針で投資しています。

逆に、私はZOZO(3092)やサイバーエージェント(4751)などは空売りしていますが、これらのような直近安値を更新する弱い銘柄については「割安」と思って下げ途中を買い向かうことはせず、買うのであれば上昇トレンドに転じてから買えばよいのです。

割安というのは自分がそう思っているだけで、株価が値下がりしているのはプロや外国人投資家が売っている表れです。売りたい投資家がたくさんいるのに買い向かっても勝てません。買うのであればその波が収まるのを待ってから買えばよいですし、そもそも業績が悪化したのであればすでに投資対象として魅力がなくなっているわけですから無理に買う必要もないと思います。

そろそろ相場全体は頭打ちになってもおかしくないので、強い銘柄は保有を継続しつつ、25日移動平均線を割り込んだ弱い銘柄から空売りも実行し、ロング・ショート戦略を再び本格させるつもりです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/