予想以上の強さで日経平均株価24000円肉薄ー2020年2月6日の日本株

<今日の日本株>
2月6日の日本株は、前日のアメリカ株大幅高を受けて高く始まり、その後も値を上げる展開となりました。日経平均株価の終値は前日比554円03銭高の23873円59銭でした。一時は24000円まであと5円の水準まで上昇しました。
TOPIXも大幅上昇、マザーズ指数も上昇しましたが小幅にとどまっています。

値上がり銘柄2960に対し値下がり銘柄838と値上がり優勢、昨年来高値更新銘柄は118、昨年来安値更新銘柄はゼロでした。

ADA指数は47.5%となり、前日の30.4%から大きく上昇しました。空売りの買い戻しや新規買いを実行しました。持ち株の量も急落前の水準にだいぶ近づいてきました。

 

<やはり全面高にはなりそうもない>
個別銘柄をみると、私の保有株の中にもテクマトリックス(3762)、ディップ(2379)、オプティム(3694)、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)、リクルートホールディングス(6098)、ベイカレント・コンサルティング(6532)、図研(6947)、NCS&A(9709)など、高値更新となるものが多く出ています。

昨年来高値更新銘柄が100を超え、昨年来安値更新銘柄がゼロですから、株価調整局面はひとまず終了したとみるのが妥当でしょう。

ただ、日経平均株価がこれだけ大きく上昇したにもかかわらず、値下がり銘柄が838もあることには注意が必要です。つまり、日経平均株価大幅高であっても、決して日本株が全面高にはなっていないということです。

2月6日に株価が目立って上昇したのは、日経平均株価に採用され、かつ株価水準が高い銘柄です。こうした銘柄は個人投資家のほとんどが手掛けていません。

逆に、個人投資家に人気の高い中小型株は弱く、値下がりしているものも目立ちます。

したがって、今後日経平均株価が上昇していくにしても、個別銘柄については全てが上昇するのではなく、強い銘柄は強く、弱い銘柄は弱い、という推移をしていくものと考えられます。

強い銘柄の上昇トレンドにはしっかりと乗ってついていくこと、そして弱い銘柄に固執しすぎないことが重要です。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/