中小型株が乱舞ー2020年5月18日の日本株

<今日の日本株>
5月18日の日本株は、日経平均株価が一時マイナス圏となるも、後場はプラスで推移しました。終値は先週末比96円26銭高の20133円73銭でした。
TOPIXは小幅上昇、マザーズ指数は4%近い急騰となりました。

値上がり銘柄2267に対し値下がり銘柄1530と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は40、年初来安値更新銘柄は6でした。

ADA指数は25.6%となり、先週末の20.1%から上昇しました。上昇トレンド銘柄の新規買いや、空売りの買い戻しを行いました。ロング・ショート戦略をしていますが、空売りはまだあまり多くありません。

 

<中小型株の勢いが止まらない>
個別銘柄をみると、私の持ち株からも高値更新が相次ぎました。MonotaRO(3064)、GMOペイメントゲートウェイ(3769)、オプティム(3694)、テクマトリックス(3762)、弁護士ドットコム(6027)、メドピア(6095)、イー・ギャランティ(8771)・・・。
ストップ高にまで買い進められる銘柄も多く、まさに中小型株が乱舞、という状況です。

私は株価が上にも下にも行く可能性があるなか、全力勝負には行きませんでしたので、利益もほどほどにとどまっていますが、もし全力でコロナ・ショック後に買い進めていけば、すでに資産は2倍以上には膨らんでいるでしょう。

もちろん、それは結果論ですし、そのような無謀な勝負を繰り返しているといつかは大ケガをするのは必定ですので、私はやりませんが、結果としては強気に攻めた人が報われたという2ヶ月間となりました。

さて、昨日のアメリカ株が大幅高となり、本日の日本株も大きく上昇して始まりそうです。ただ、日経平均株価が大きく上昇するときは、マザーズ指数や中小型株は弱い動きとなります。理想は、日経平均株価があまり大きく上昇せず、じり高程度で上昇する中を、個別銘柄が大きく上昇する、という展開ですが、どうなるでしょうか?

個人的には、引き続き業績があまりよくない出遅れ銘柄よりは、業績が伸びている成長株を中心として、無理のない範囲(マックスで投資可能資金の50%)で攻めていきたいと思います。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/