中小型成長株強しー2020年6月17日の日本株

<今日の日本株>
6月17日の日本株は、終日マイナス圏で推移したものの底堅い動きとなり、日経平均株価の終値は前日比126円45銭安の22455円76銭でした。
TOPIXも下落しましたが、マザーズ指数は上昇しました。

値上がり銘柄1904に対し値下がり銘柄1846とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は70、年初来安値更新銘柄はゼロでした。

ADA指数は43.6%となり、前日の33.1%から上昇しました。株価反転を受けて、一旦売却した銘柄を買い直すなどをしたことによります。

 

<強い銘柄がどこまで上昇するか楽しみ>
個別銘柄をみると、高値更新となる銘柄が増加しました。GMOクラウド(3788)、アイティメディア(2148)、バリューコマース(2491)、チエル(3933)、チェンジ(3962)、Chatwork(4448)、マクアケ(4479)、メドピア(6095)などです。

一方、水曜日の日経平均1000円高で大きく反発した、出遅れ大型株の多くは反落しています。

やはり上昇の中心は、出遅れ株ではなく中小型成長株なのだと思います。それは、上記のように上場来高値を更新している銘柄も相次ぐなど、明らかに強い動きが続いているからです。

ただ、今の株式市場はバブルですから、いつ天井をつけて急落してもおかしくありません。したがって、中小型成長株であっても、25日移動平均線からのかい離が大きいときに飛びついて買うのはリスクが高いです。押し目をつけて25日移動平均線に近づいてきたところを買うようにした方が安全です。

ひとまず日経平均株価、TOPIX、マザーズ指数などの株価指数も、個別銘柄の多くも上昇トレンドで推移しています。これが続く限りは弱気になる必要はなく、持ち株の利益を伸ばし続けることに精力を注ぐべきです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/