下げには常に注意ー2019年4月9日の日本株

<今日の日本株>
4月9日の日本株は、日経平均株価が21700円台中心とした小動きとなり、引けにかけて小幅上昇となりました。終値は前日比40円94銭高の21802円59銭でした。
TOPIXは小幅下落、マザーズ指数は小幅上昇でした。

値上がり銘柄1328に対し値下がり銘柄2290と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は82、年初来安値更新銘柄は80でした。

ADA指数は15.3%となり、前日の22.5%から低下しました。思いのほか値下がりして25日移動平均線を割り込む銘柄が多く、それらを売却等したことによります。

 

<目先的な天井はつけた感触はあるが・・・>
個別銘柄をみると、デジタルアーツ(2326)やGMOペイメントゲートウェイ(3769)など、強い銘柄も一部はありますが、多くは方向感の乏しい状況に変わりはありません。

銘柄によっては結構元気に上昇していたものもあったのですが、それらも目先的な天井をつけたような動きになっています。

結局、上に行くか下に行くかまだはっきりしない相場ですので、決め打ちはせず、しかしはっきりとした方向性が出たらそれに逆らわないようにすることが重要です。

私自身は、やはり上よりも下に行く可能性が高いと思っていますし、ゴールデンウィークの10連休前にポジションを整理したい投資家も多いはずですから、下方向(つまり空売り)を厚めにするつもりです。

米中貿易問題やイギリスのEU離脱問題など、今まで楽観視されていた材料が、突然下げの理由に持ちあげられることもあります。
ニュースを見ていただけでは完全に振りまわされます。重要なのは外国人、プロ含めたすべての投資家の総意の結果である株価の動きです。だから、ニュースでどのように報道されようとも、専門家や評論家がどう言おうとも、信じるべきは株価チャートなのです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/