上値が重い展開ー2019年1月22日の日本株

<今日の日本株>
1月22日の日本株は、朝方こそ高かったものの後場にかけ下げに転じる動きとなり、日経平均株価の終値は前日比96円42銭安の20622円91銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も下落しました。

値上がり銘柄1207に対し値下がり銘柄2435と値下がり優勢、昨年来高値更新銘柄は3、昨年来安値更新銘柄は6でした。

ADA指数は5.7%となり、前日の20.1%から大きく低下しました。保有株のうち弱いものを売却するとともに、25日移動平均線を割り込んだ銘柄を中心に空売りを実行したことによります。

 

<強い銘柄もなくはないが・・・>
個別銘柄をみると、新興市場銘柄を中心に、局地的に大きく上昇しているものも少なくありません。ただ、こうした銘柄はデイトレードなど短期売買をする人にとっては絶好のターゲットとなるものの、仕事をしながら中長期の投資をしている私たちのような個人投資家にはあまり縁がありません。

ここまで約1ヶ月間の戻り相場となりましたが、個別銘柄のうち強い銘柄はほんの一握り、多くの銘柄は25日移動平均線を超えたか超えないか程度の位置にあります。そして弱い銘柄は移動平均線を超えてもすぐに失速して再度割り込んでしまったり、そもそも25日移動平均線を超えられずにいます。
また、そこまで弱くなくとも、25日移動平均線を超えた後の株価が全く伸びないものが非常に多いです。

株価の戻りがいつまでつづくか分かりませんが、個別銘柄ごとの株価の動きにだいぶ差があることから、昨日から私は再びロング・ショート戦略を本格的にスタートすることにしました。上昇トレンドの強い株を保有すると同時に、下降トレンドの弱い株は空売りをする、というものです。

ここから相場全体が明確な上昇となれば空売りを減らして買いを増やす、相場全体が再び下向きを強めれば買いを減らして空売りを増やす・・・というように、あくまでも株価の波に逆らわず、かつ大きく負けないようにしていきたいと思います。

はっきり申し上げて、まともに勝てる相場環境ではありませんので、いっそのことお休みするのも1つの作戦と感じています。私も全くお休みするということまではしませんが、ADA指数の値が小さいのは、あまり積極的に売買したくない表れでもあります。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/