マザーズ指数2%の下落にー2018年10月2日の日本株

<今日の日本株>
10月2日の日本株は、日経平均株価が朝方200円ほど上昇するも、その後は伸び悩みの動きとなりました。日経平均株価の終値は前日比24円86銭高の24270円62銭でした。
TOPIXも上昇しましたが、マザーズ指数は2%の大幅安となりました。

値上がり銘柄1760に対し値下がり銘柄1955とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は92、年初来安値更新銘柄は6でした。

ADA指数は75.1%となり、前日の80.2%から低下しました。25日移動平均線を割り込んだ銘柄がいくつか生じたため、それらを売却したことによります。

 

<弱い銘柄はすでに25日移動平均線割れに>
個別銘柄をみると、朝日インテック(7747)、新日鉄住金ソリューションズ(2327)、丸紅(8002)など高値更新となる銘柄も少なくなかったものの、私の保有株は散々な動きでした。

特に、GMOクラウド(3788)、弁護士ドットコム(6027)など、直近で高値更新した銘柄に急落したものが目立ち、ベクトル(6058)に至っては数日前に高値更新したにもかかわらず今日は大幅安で25日移動平均線を割り込んでしまいました。

また、私のウォッチ銘柄のチャートを今一度眺めてみると、すでに25日移動平均線を割り込んでしまった銘柄や、そもそも25日移動平均線すら超えられていない銘柄が結構あることが分かりました。これらは空売りの候補銘柄となります。

本来、大相場であればほぼ全ての銘柄が大きく上昇するのですが、今のところそのようになっておらず、弱い銘柄はすでに下降トレンドになってしまっています。

そこで明日以降、軽めのロング・ショート戦略に移行する予定です。上昇トレンドの銘柄は保有を続けますが、その一方で、下降トレンドの銘柄に空売りを入れます。ひとまず投資可能資金の5~10%をメドに空売りを実行しようと思います。

もちろん、空売りした銘柄が上昇トレンドに転じれば即座に損切りしますが、先行きが見通しにくくなっているため、上と下、どちらに転んでも良いようにしておきたいと考えています。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/