マザーズ指数強しー2020年10月12日の日本株

<今日の日本株>
10月12日の日本株は、終日弱含みながら大きく売り込まれることもなく、日経平均株価の終値は前日比61円00銭安の23558円69銭でした。
TOPIXも下落しましたが、マザーズ指数は1%超の上昇でした。

値上がり銘柄1682に対し値下がり銘柄2081とやや値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は77、年初来安値更新銘柄は5でした。

ADA指数は74.2%となり、前日の69.9%から上昇しました。一旦25日移動平均線を割り込んだものの再度超えてきた銘柄の買い直しなどをしたことによります。なお、空売りも大きくはないですがあります。

 

<何も考えない>
個別銘柄をみると、12日も私の保有株の中に高値更新銘柄が相次ぎました。エムスリー(2413)、メディアドゥ(3678)、メドピア(6095)、GMOペパボ(3633)、ブイキューブ(3681)、テラスカイ(3915)、メドレー(4480)、ビザスク(4490)、ベイカレント・コンサルティング(6532)などなど・・・。

マザーズ指数が非常に強い動きであることからもわかるとおり、中小型成長株が大きく上昇していますが、エムスリーやMonotaROなども上昇しており、成長株であれば大型株でも上がっています。

その一方、12日は出遅れ銘柄・業績悪化銘柄は売られました。私はこれらの銘柄の一部は空売りしていますので、買い銘柄が上がり、空売り銘柄が下がるという理想的な展開でした。

さて、中小型成長株の多くはPERで見ると50倍を超え、100倍、200倍超えというものも珍しくありません。しかし、こうした銘柄はバブルなわけですから、PERで判断してしまうと乗ることができません。
株というものは、勢いがつけばどこまでも上がるものです。ですから、PERでみて割高だから売ろう、というのではなく、上がる限りはついていくべきです。25日移動平均線割れでも、5日移動平均線割れでも、高値から10%下落でもよいですから、こうなったら売る、というルールを決め、それを守りさえすればバブル相場でも心配ありません。2倍になったら半分売って、もう半分はタダで持つ、というのだってよいのです。

とにかく、買われすぎだだの、PERが異常に高いだの、そんなことはみんな分かって乗っているのです。それがバブルというものです。理屈で考えては乗れません。何も考えず、ただ売買のルールだけはしっかり守ることがバブルに乗るコツです。

 

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/