マザーズ指数大幅安ー2019年4月2日の日本株

<今日の日本株>
4月2日の日本株は、朝方こそ日経平均株価が大幅高で始まるものの徐々に失速し、引けはマイナスに転落しました。日経平均株価の終値は前日比3円72銭安の21505円31銭でした。
TOPIXも下落、マザーズ指数に至ってはマイナス3.7%の大幅安となりました。

値上がり銘柄1516に対し値下がり銘柄2189とやや値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は181、年初来安値更新銘柄は22でした。

ADA指数は9.8%となり、前日の13.2%から低下しました。個別銘柄に大きく値下がりしたものが多く、25日移動平均線割れのものを売却したことなどによります。

 

<再び守りを強めたうえで小さく張る>
今日の個別銘柄は、私が保有している上昇トレンド銘柄が軒並み大幅安となる一方、空売りをしている弱い銘柄が反発するなど、完全に股裂きの動きになりました。

例えば1日に大幅高で25日移動平均線を大きく超えたミズホメディー(4595)が、2日には大きく下落して25日移動平均線を割り込むなど、非常にがっかりする動きが多々あります。

結局は、今の日本株は腰の据わった買い手が不在なため、短期筋の突然の利食い売りなどが出るとチャートが一気に崩れてしまい、トレンドがなかなか長続きしません。

このようなときは、できるだけ小さく張って、大きなマイナスを被らないようにするのが一番です。ただ、全く売買しないと、変化の兆候に気づかないことが多いので、上昇トレンドの銘柄はある程度は保有していた方がよいと個人的には思います。

1日、2日の動きをみて、やはり上値は重く、逆にここからの下げに警戒すべきと感じました。無理のない範囲で、再び下降トレンド銘柄の空売りを積み増してみようと思います。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/